パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

カテゴリ: その他の日記

前回の続きです。

新しいスマホの条件は
①デュアルSIM対応
②ツインアプリ対応
③マイクロSDカード用のアダプターが使用できる
④biglobeモバイルに対応
これに対応してくれそうなのがXiaomiのMi 11 Lite。
ここまで前回記事にしました。

さて、Mi 11 Liteは
①デュアルSIM対応
②ツインアプリ対応
④biglobeモバイルに対応
までは公式で確認していますので、大丈夫です。問題は
③マイクロSDカード用のアダプターが使用できる
これはさすがにXiaomiの公式でも対応しているか否かは発表されていません。
ならば試してみましょう。

DSCN4717
左からXiaomiMi 11 Lite。 iphone XR。 SONY Xperia。

DSCN4719
これがマイクロSDカードアダプターです。失敗した時のために2個入りを購入しましたが、1個しか使いません。

DSCN4720
早速取り付けてみましょう。電源を落とします。

DSCN4722
左上がnanoSIMです。右上がマイクロSDカードです。本当はsunDiskのExtreamが欲しかったのですが予算の都合上、Lexarにしました。A2規格なのでスマホには向いているでしょう。

DSCN4723
アダプターにnanoSIMを取り付けます。

DSCN4724
左上にあるのはMi 11 LiteのSIMカードスロットです。
表面(SIM1)にはすでに別のnanoSIMが付いています。裏面(SIM2)にアダプターとマイクロSDを取り付けます。

DSCN4726
マイクロSDカードの付属の両面テープを貼り付けます。

DSCN4727
そこにアダプターの裏面を貼り付け、SIMカードスロットに載せます。
これをMi 11 Liteに入れましょう。

DSCN4728
かなり硬いですが、丁寧に差し込むとSIMカードスロットが差し込まれます。
アダプターの半分は外側に出ています。

DSCN4729
裏面はこんな感じ。
出たままではあまりに邪魔ですし、引っかかることもあるのでスマホケースに入れてしまいましょう。

DSCN4731
スマホの裏側にマスキングテープを張り、傷がつかないようにします。
傷がついても気にしない!という方は無くても問題ありません。

DSCN4733
ケーブルが切れそうに見えますが、曲がる力にはかなり強いので大丈夫です。
横からの剪断力にはあまり強くないので、やはり折り曲げてスマホケースに入れましょう。

DSCN4734
上からスマホケースをかぶせた状態です。
見た目では分かりにくいですが触るとnanoSIMカードの分だけ少し膨らんでいます。

DSCN4735
何となく右下の部分が膨らんでいるのが分かりますかね。

さて、実際のところどうだったか?と言いますと
携帯電話は両方とも使えるようになり
マイクロSDカードも512GB認証してくれました。
ただ、ツインアプリとして登録したLineが片方だけ、写真、画像が送れないという状態になりました。
対処方法として、Lineを削除し再度インストールをしたら直りました。

上手くいけばいいんだけど・・・と思いながら試していましたが、ほぼ満足できる結果になり大変よいスマホかつアダプターだと思います。
自分のスマホなので多少失敗しても自分で責任が取れますし、ダメだったら何とかしよう!と大して考えず、ちょっと行き先不安なところもありましたが、結果オーライです。

使用を始めて1週間。
今のところ大きな不調は出ておりません。
両方とも、電話、Line使えています。
このまま問題なく使えれば本当に良いと思います。

パソコンホームドクターです。

今回はパソコンではないですが、パソコンに近いもの、自分のスマホを買い替えました。
スマホを買い替えた、といった程度など記事にすることはないのですが、少しだけ変わった替え方をしたので載せてみます。

私は今まで、スマホを2台持っていました。
1台は仕事用のスマホ。SONYのXperiaもう5年ほど前のスマホです。
もう1台はプライベート用で普段はどうでもいい物です。iphoneのXR。こちらはまだ2年半程度前のものです。
今回、買い替えた理由は仕事用のスマホが、通話中に一定のお客様だけですが、雑音や会話が途切れ途切れになるといった不調が起こるようになったためです。
1か月ほど前より時々、電話がおかしい、雑音が入ると言われるようになり、それが増えてきました。快調の方の方が多いですが、一定数、不調な方がいる以上、対応しなくてはなりません。
5年ほど経ちますのでもう十分交換の時期でしょう。という訳で買い替えました。

ただ、ただの買い替えでは記事にしても仕方ありません。
今回は2台持っていたスマホを1台にすべく、デュアルSIMが搭載できるスマホを選びました。
デュアルSIM、つまり1台のスマホにnanoSIMが2台搭載でき、2つのnanoSIMに連動した2つの電話番号を1台のスマホで使い分けることができます。
つまり1台のスマホで2つの仕事用、プライベート用の電話番号を持つことができ、スマホ内部で使い分けができるようになります。
これで2台のスマホが1台で済むことにまります。これは大変便利です。
ですが、LINEなど今までそれぞれのスマホで取得していたアプリが1つだけになっていまう。
これを防ぐためにデュアルアプリまたはツインアプリ機能が搭載されたスマホを選びました。
これはその名前の通り、アプリをスマホ内に2つもつことができます。
最近ではスマホ1台の中にもう1台、仮想空間を作ってさらにスマホがあるように見せる機能もあるようです。パソコンで言うと仮想デスクトップの事と同じようなこともできるスマホもあるようですが、スマホが重くなるので見送りました。
この機能にかつ、マイクロSDカードを入れたい。
内蔵ストレージだけではデータ容量が足りなくなることがあるので、マイクロSDカードも使いたいのです。
ですが、マイクロSDカードのスロットと2枚目のnanoSIMカードは排他利用となっており同時に利用することができません。
これを解決するためにマイクロSDカード用のアダプターが使用できるスマホが良い。つまりこれです。
これが使えるスマホを選ばなければなりません。
また、私が利用している通話会社は格安SIMのbiglobeモバイルです。biglobeモバイルにも対応している必要があります。

ややこしいですが条件として
①デュアルSIM対応
②ツインアプリ対応
③マイクロSDカード用のアダプターが使用できる
④biglobeモバイルに対応
この4点を満たしているスマホを選ばないとなりません。
こんなスマホあるのか?と思い探しましたが、唯一、これを満たしてくれそうなスマホがありました。
それがXiaomiのMi 11 Liteです。

Xiaomiは使ったことがありませんが、AndroidベースのオリジナルOS、MIUIを使っているのがちょっと気になります。
ちゃんと使えるのか?
ただ、評判は悪くない、むしろこの値段ならば十分良いとの評価が多い。
記事ばかりを読んでいても実際使えるのかどうか分かりません。
ならば買って試してみようか、と思い購入しました。
初期設定等は普通のスマホと同じです。ツインアプリの設定も、設定 項目から追加すればできました。問題はマイクロSDカード用のアダプターが使えるかです。

写真を撮りましたが、長くなりますので写真は次回にいたします。

一時期の暑さも落ち着き、一気に涼しくなりましたね。お盆の時期といい急に涼しくなりすぎな気もします。
ですが、湿気が高いので秋本来の気候といったわけではありません。
子供の手や体は相変わらずベタベタ。
なんであんなに汗をかくのか分かりません。
「汗かいてないよーほら」
と見せてくる手のしわの間にはゴミが。
手を洗いなさい。

数年前からパソコンケースは片側、正面から見て左側がアクリルやガラスなどで透明化され内部が見えるケースが主流になってきました。
こういったケースが流行ってすでに5年以上は経っていますので今更ですが、内部が見えるのはやはり何となくメカ好きな男性には好まれるのかな?と思います。
そういった中、出てきたのが光るパソコン、いわゆるゲーミングPCというものです。
簡単に言うとこういったもの
51RJ5BsneDL._AC_
このケースはただ青いファンが回っているだけですのでちょっと古臭く、地味ですが、誰かが作ったド派手なパソコンをここに載せるわけにもいかないので、まぁこんな感じに光を放つパソコンと思って頂ければ結構です。

私も大学生の頃、自作した2台目のパソコンはケース全部がアクリルでそこに光るファンを載せて、虹色やら青やらに光らせていました。
一部アクリルならば今も多数ありますが、全部アクリル、透明です。
大変めずらしいケースで秋葉原を歩いているときに一目ぼれして買ってしまったケースです。
面白いケースではあったのですが、欠点もありました。
欠点①
ケースが全部透明なので夜、点けっぱなしにしておくとまぶしい。
特に大学生の時だったので、部屋の間取りは1K。パソコンのある部屋と寝る部屋が同室なのです。
諸々の理由でパソコンを点けっぱなしにしなければならないこともあり、大変まぶしい。
夜寝ていると天井が虹色に輝くのです。なんだこれは!趣味の悪い部屋になってしまいました。
そこまで考えず買っていまった自分は本当に向こう見ずだと思いました。
欠点②
全部がアクリルですとファンが付いているとはいえ、放熱性が悪い。
今よりファンサイズも小さく、エアフロ―なんてものもよく分からず作っていた頃でした。そこにアルミはもちろんスチールよりもっと熱伝導率の悪いアクリル。
そりゃ熱くなりますよね。おかげでHDDがどんどんお亡くなりになりました。
HDDの温度管理をするようになると、通常でも45℃程度。負荷をかけると余裕で50℃を超えていました。そりゃ壊れますよね。

と、こんな感じで見た目よりもっと排熱、エアフロ―を考えないとダメだという事が分かり2年足らずでお蔵入りしたケースです。

あの頃は若かった、ので光るケースは好きでしたが、今は残念ながらおじさんと呼ばれる年齢になりました。民法よりNHKが落ち着き、TVゲームより囲碁、将棋のボードゲーム、前を歩いている頭髪の薄いおじさんの頭を見ながら明日は我が身かもしれないと頭皮改善、育毛という単語をネットで調べる年ごろになりました。
今は光るケースというものは自分ではほぼ使っていません。
私が現在使っているケースはLianLiのPC-V1020というケースです。
古いケースですが、もう10年くらい部品の載せ替え、ファン交換で使っています。
購入時は光っていたファンも今は光らない静かな14㎝ファンに交換しています。
新しいパソコンに慣れている方、若い方からしたら古臭いつまらないケースだとは思いますが、今や貴重な全アルミケース。
このシンプルな無個性なケースが大好きです。

お客様のパソコンを作成させて頂く際もできれば全アルミのケースが良いのですが、今は一部アルミならばまだしも全アルミはほぼありません。
仕方がないのでスチールケースとなり、数玉が多い流行りの片面アクリル、ガラスのケースを使うことが多いです。
ただ、やはりあまり内部が光ると煩わしいかなぁと思い、アクリルですが、内部は光らせず落ち着いた仕様にすることが多いです。

先日、小平市内のお客様のパソコンを作らせて頂いたのですが、久しぶりにド派手なパソコンをつくってほしいと言われましたので、パチンコ屋のようにネオンの光るパソコンを作りました。
お客様はやはり若い男性でしたが、こんなに派手でいいのかな?と思うほどネオン管をつけました。
納品すると
『うわ!本当に派手ですね!すげぇ』
と喜んで?
いたかと思いますので、良かったのでしょう。

ド派手なパソコン、お好きな方がいましたら作成します。
はたして需要はあるのでしょうか?

パソコンホームドクターです。

毎日蒸し暑い日が続きますね。
お盆期間に8月とは思えないくらい涼しい日があり、残暑お見舞いが残暑ではなくなってしまいましたが、やはり8月。そのまま秋到来とはいきせんでしたね。
もうしばらくは夏を体感しないと秋になってくれないようです。
日本の四季はしっかりしていますね。

今回はまたネタがありません。
ネタ不足に困っているのですが、多少の誇張はあっても嘘を書くわけにもいきません。
書く時間はあるのですが、ネタが無い。何を書こうか。
何もないので、私が車の買い替えを検討していることでも書きましょう。
というわけで、今日は車についてです。
パソコンは一切関係ありません。すいません。

私が今、使っている車は
フォルクスワーゲンのポロとダイハツのタント。
タントはまだ買って1年半くらいですので、良いのですが、問題はポロ。
すでに10年選手です。
10年間頑張ってくれています。
本当によく走ってくれます。こんな小さいのにしっかり踏ん張ってよく曲がり、そこそこスピードも出ます。シートも硬くてしっかりしています。
高級感など全くありませんが、私は気に入っています。

ただ、そろそろ買い替えねばなりません。
ポロを買った頃はまだ子供もおらず、大きい車は乗り回しが大変なのと費用が高くなるので小型にしました。
兄がフォルクスワーゲンに勤めている、というのも影響してポロを買いました。
ただ、今はあの頃と状況が違います。
家族が増え、最近は子供が
「この車、せまーい」
と文句を言うようになってきました。
良い車だぞ!と思うのですが、狭いことは間違いありません。
車内空間は軽自動車のタントの方が広いでしょう。
運転が楽なのは圧倒的にポロなのですが、子供はそんなこと気にしてくれません。
そんなわけで買い替えを考えています。

次に買い替えるのならば、もっと大きい車にせざるを得ません。
荷物がたくさん載って、家族4人が余裕をもって座れる空間が必要です。
妻は眺めが良い、少し背の高い車が良いという。
そうなるとミニバンかSUVか。

ミニバンは広いのですが、やはり運転をしていて面白い車ではありません。
最近、アルファードを運転する機会がありました。
結論として、乗っている分には広く、快適、贅沢、つまり最高でした。
運転するならデカい、遅い、足回りが柔らかすぎる、と嫌になりました。
常に後席か助手席ならばぜひと言いたいところなのですが、常に運転手になるかと思うので、それならばミニバンは却下ですかね。

あとはSUVしかないのですが、どれにしようか・・・
トヨタならRAV4かハリアー。ランクルは本格的過ぎて私にはもったいないでしょう。
ホンダならCR-V。ヴェゼルでは小さいかな。
日産ならエクストレイルくらいでしょうか。
スバルのフォレスターも良いですね。
レクサスも良いのですが、威圧的すぎるデザインが好きになりません。なんであんなに怒った顔をしているのか、もう少し優しい顔をしていてほしいものです。
残念ながら費用の都合もあるので、なんでも選び放題という訳にはいきません。

こうやって迷っていることも大変面白いのですが、近いうちに決めなくてはなりません。
ポロも良い車なのですが、家族構成が変わったのでは仕方ないかなと思います。

パソコンホームドクターです。
本日、新型コロナのワクチン、2回目の接種が終わりました。

これで気分的にもかなり安心できます。
私が新型コロナにかかるのも困るのですが、年齢と持病や疾患もないのでかかっても重症化はしないんじゃないかな?と勝手に思っています。
それよりも、私が無症状や軽症で気が付かず他の方、お客様などにうつしていた、といった場合が一番恐ろしい。
申し分ありませんでした、で済めばまだ良いのですが、謝罪だけで済まなくなった場合は、責任が取れません。
日々そんなことを考えながら生活していたので、結構ストレスが溜まっていました。
今回のワクチン接種で、それが防げる可能性が高くなったという事ですので、そういったストレスからも少しは解放されると思います。

油断は禁物ですので、変わらずにマスクの着用と、うがい手洗いの徹底、大勢人が集まる場所へは行かないようにする、人の多い場所での飲食はなるべく控えるなど感染予防に努めます。

せっかくの夏休み、お盆休暇ですが、緊急事態宣言下ですので、どこかに行く予定もありません。
東京都内の公園で遊ぶ程度しかできず、子供にはつまらない夏休みとなってしまいそうですが、つまらないと言われないよう、花火や水遊びでごまかして、やはり夏休みは楽しい!と思ってもらいたいですね。
私も子供の頃はとにかく夏休みは楽しいものでした。子供には同じ気持ちを味わってもらいたいものです。

東京オリンピックが始まりましたね。
コロナに続き、関係者からも問題のある人が出て、あまり歓迎されるオリンピックにはなっていないと思いますが、それでも開催されましたね。
無理だ、辞めとけと言われながらも、どうしてもオリンピックを開催したかったんだなぁと思いますが、ここまで開催国民に支持されないオリンピックは後にも先にももうないでしょう。
あまり政治的な発言はしたくないのでこのくらいにしておきましょうか。

様々な問題はありましたが、せっかく開催されたのだから楽しみましょう。
メダル争いはやはり自国開催ですので期待が高まりますね。
知り合いが出ているわけではありませんが、どうしてもテレビを見てしまうのは何だかんだ言いながらも5年ぶりのオリンピックを楽しみにしている自分がいたんだと思います。
日本勢の選手の皆様にはぜひとも最多金メダルをお願いしたいところです。

パソコン関係のネタは何もないのですが、何もないわけにもいかないので一つだけ。
今月上旬なのですが、ご訪問した小平市のお客様。

お電話がなりました。
『パソコンが起動しないから見てほしいんだけど』
「全く動かないんですか?電源は入りますか?」
『ん~よく分からないからとにかく来てよ』
「分かりました」
その日の午後にご訪問。

「パソコンホームドクターでーす!」
『はーい、まぁどうぞ、上がってください』
「パソコンはどちらですか?これですか?」
『パソコンはそれなんだけど、しっかり電源ボタンを押したら点いちゃったよ』
『ボタンの押し方が悪かったみたい』
「あ、そうなんですか」
『暑い中悪かったね。まぁお茶でもどうぞ』
冷たいお茶が出てきました。
せっかくなので飲ませて頂き、暑いですねぇ、といったお話だけして、出張料を頂いて帰りました。

こういうご訪問、大歓迎です。
いつでも募集しております。

パソコンホームドクターです。
幼稚園に行くようになった下の子が、何かと病気になります。
大したことはないのですが、元気がないなーと思っていたら急に熱が出てぐったり。
幼稚園に行けば同じような子供、それも小さい子供なので衛生観念などほぼ無いようなものです。一応マスクをつけて幼稚園に行っていますが、帰ってくるときには鼻が出ている、顎まで出ている。
ひどいときはマスクが片目付近まで上がっており、眼帯のようになって帰ってくることもありました。
周りのお友達もすべてそんな感じなのでしょう。そんな環境で育っています。
そりゃ病気にもなりますよね。
特に男の子ですのでやはり体が弱いのか、何かと熱を出します。
帰ってきたときは元気だったのに、夜になると急に静かになり、疲れ切った顔をしている。熱を測ると38℃超えということがよくあります。

上の子は女の子だったからなのか、ノロウイルスになっても、ちょっと体調を崩す程度で、気が付かず幼稚園に行っていました。
翌々日には私に、その翌日には妻にノロがうつり、それでやっと分かったのですが、大人はひどい状態になりました。
ちょうど幼稚園でもノロウイルスが流行っており男の子は結構休んでいたそうですが、女の子は出席率が高くうちの子も休むことなく行っていたのは、女の子は強いなぁと思いました。

これからまだ何年かは幼稚園に通わないとなりません。
変なウイルスや病気を持ってこないよう祈るばかりです。

さて、このブログでは時々、パソコン修理の記事、ほぼHDD交換の記事が多いのですがパソコンを分解する記事を載せています。
参考になればと思い載せていますが、先日、私の掲載した記事の通りに作業をしたがパソコンが壊れた!といった連絡を頂きました。
全ての修理記事には必ず、自己責任でお願いしますと断り書きを載せていますし、この通りにやれば必ず直る、といった記事ではありません。
自分でやってみたい人が挑戦するには良いかと思いますし、私も20年以上前にこういった修理を載せているサイトや雑誌などを見ながら挑戦した人間の一人です。
わざわざ雑誌を買ったのにうまくできなかったこともありました。
当時は技術力も知識もなかったので私の方に原因があったのだと思いますが、それでもあきらめずに何度もチャレンジし、パソコンを直したり、時にはもっと壊してしまったり、そうやって詳しくなっていったものです。
今は私が多少は知識が付きました。技術力も経験も増えました。ならば当時の私のようなパソコンに興味がある若者がさらに興味を持ってもらえるよう、私の記事を見て参考にしてくれればと思い記事にしたものです。
100%直せるわけではありませんし、パソコン内部をいじるので、基板や配線に傷をつけたらそれで動かなくなることも十分あり得ます。
それを十分承知の上で、それでも自分でやってみたい!といった若者がいれば、ぜひ見てほしい。それだけの記事なのです。

今後、こういった記事は掲載を辞めるべきなのか悩んでおります。
直せなかった、壊れた、といった連絡が来た以上、あまり無責任な記事も書けません。
ただ、私が触るわけではないので私が責任を取るのもおかしい。
ならば記事にしなければ良いのかな、と思っています。
少し検討させてください。

梅雨らしい空模様になってきましたね。
少し動けば蒸し暑い日が続いています。
梅雨時期と言ったら、アジサイとホタル。

子供にまだ見たことが無いホタルを見せに行きたいと去年くらいから思っています。
しかし、我が家の子供は虫が苦手。見るどころではないかもしれません。
今時の子供というものはみんな虫が嫌いなのでしょうか。
私が子供の頃は、カブトムシやクワガタ、ザリガニはもちろん、スズムシやコオロギ、カタツムリ、何でも採ってきて飼ったものです。
ついにはダンゴムシまで。これはさすがに母親、祖母から文句が出ました。
とにかく、家の近所で手に入る虫はとりあえず飼ってみたものです。
それなのに我が子はバッタやハサミムシなどもダメ、ダンゴムシもダメという情けなさ。

せめてハチなどがダメというのは分かります。
私もさすがにハチは飼いませんでした。
ただ、家の軒先など家のどこかに必ずアシナガバチの巣が毎年ありました。
春になると今年はどこにできたかな?と兄弟で見つけ合いました。多い年で10個くらいはあったと思います。
半分くらい飼っていたようなものですが、刺されたことはありません。
なので、慣れればハチとの接し方というのも分かるのですが、慣れなければ刺すハチは怖いものというイメージが拭えず、苦手なのは分かります。
ただ、ダンゴムシくらい怖がらなくてもいいでしょう。
むしろ丸くなるダンゴムシは面白いものですが、それでもダメとは。
この子は大丈夫なのかなぁと少し心配です。
いつかは良くなるのでしょうか。

いつかは良くなると言えば、パソコンではこれ。
Windows8から標準装備されたスタートアップ修復や自動修復。
いわゆるこれです。
自動修復

パソコンが起動しなくなる、正確にはOSを読み込み中に何かしらの理由で起動できず、表示される画面です。
見たことがある方も多いと思います。
この自動修復またはスタートアップ修復画面。
パソコンが自分で修復を試みるのですがほぼ必ず上の画像のように
「修復できませんでした」
の文字が。
これ、自動で修復して直してくれることはあるのでしょうか。
もうこういったパソコンを100台以上は見ているかもしれません。
しかし、今まで自動修復で修復ができたケースを見たことがありません。
これは本当に自動で修復できる時があるのでしょうか。

それとも私のところに来る故障パソコンはこれでも修復できないくらい壊れたパソコンしか依頼がこないという事でしょうか。
その可能性はありますが、それにしても1台くらい自動修復で直ったパソコンを見てみたい。
この画面の続きがどのような画面になるのか見てみたいです。
たぶん、普通に「修復が完了しました」といった画面だと思いますが、長年、この仕事をやらせてもらっていますが未だに見たことがありません。

今後、この自動修復で直るパソコンを見ることができるのか、または
いつかはもっと機能が良くなり、自動で直る時がくるのでしょうか。
来ないまま自動修復に変わる機能を備えた新しいOSが出るような気がします。

梅雨になったのか?と思うほど長い雨が続いたと思ったら、梅雨はどうなったの?と思うような晴れの天気。
なんだかよく分からない気候ですね。

梅雨時期 → いつまでも雨が続いて気分が滅入る
この時期の晴れ → この時期晴れると暑いので気分が滅入る

どちらにしろ気分が滅入る季節ですね。
基本的にインドア派のパソコンホームドクターです。

今回はパソコンとは全く関係ない記事です。
すいません、ネタがありません。勘弁してください。
昨今の私のお昼ご飯事情についてです。
誰も興味がないかと思いますが、ヒマでヒマでヒマすぎて、何もすることが無い人はお付き合いください。

新型コロナ以前はほぼ毎日お昼ご飯は食べていました。
大体安いお店。松屋、吉野家、日高屋、やよい軒、幸楽苑などを中心に基本的にワンコイン程度で食べられるお店ばかりです。
だいたい大盛を食べるのでワンコインを超えますが、それでも安さには定評があるお店が多いです。
ラーメンが好きなのでたまに800円くらいまでは贅沢しますが、そうはいってもその程度です。
倹しい生活をしております。
朝夕は妻が作ってくれたご飯を食べるので、お昼は唯一、その日の気分で自分の好きなご飯を食べれる時でした。
妻が作ってくれたご飯がマズいとはではないのですが、やはりその日の気分で好きなものを食べれるのはうれしいです。
こんなことを言うと妻に怒られそうですのでこのあたりにしておきましょう。

それが、この頃は新型コロナのせいで、そういったお店には全く入らなくなりました。
お昼はコンビニのおにぎりか、食べない。
唯一行く食堂が小平市役所6階にある市役所内の食堂。
6階なので風通しが良いのと13時を過ぎますとかなり空いています。
やはり新型コロナに感染したら怖い。それよりも私が無症状や軽症だったら気が付かず、お客様に迷惑をかけてしまう。それがもっと怖いのです。
その危機感からか、昼食時はほぼ外での外食は無くなりました。
食べたいお昼ご飯はいろいろありますが、我慢して、コンビニのおにぎりか抜いています。
抜いた時はお腹がグーグー鳴ることもありますが、ご了承ください。

早く新型コロナが収束し、また好きな店でお昼を食べられるようになればいいなぁと思っています。
秋くらいにはそうなるのでしょうか?
ただ、マスクは当分の間、必須でしょうね。
冬は良いのですが夏は暑くて・・・
早くお昼も、マスクも元の状態に戻ってくれたらと思っています。

パソコンホームドクターです。

今日は少し変わった趣向でまとめたいと思います。
私のお客様は、一番多いお客様の年齢層の方々が
60代~70代です。
お子さんが大きくなり手がかからなくなりご自身もお仕事をリタイヤまたはセミリタイヤされ時間的に余裕ができた方、かつ、まだまだお体も健康な方。
こんな方が一番多くいらっしゃいます。
このくらいのご年齢になるとゆとりを持っていらっしゃるのか、多くの方が広いお心をお持ちになって私のちょっとした失言や粗相にも目をつぶって下さいます。
私も余計なことを言わなければいいんですが・・・口数が多いものでどうしても・・・すいません。
そんなわけで私も大変接しやすくお仕事がしやすいのです。

一方で、30代中盤~50代前半の方はあまりいらっしゃいません。
一般的には30代~40代の方が一番パソコンに詳しい世代らしく、その世代のお客様は現役バリバリで働いていらっしゃり、かつ、年齢的に管理職。お仕事も大変忙しい。
おそらくご自宅に帰ってパソコンなど触っている時間が無いのかもしれません。
たまの休みしかパソコンに触らなければそれほどパソコンは壊れません。
多少の不具合もご自身で直せるでしょう。

20代の方はいらっしゃいますが、お若いのでなかなかお金が無く費用が心配、電話しにくいといった理由でそれほど多くはありません。
費用が心配で電話しにくいという理由は大変よく分かります。お電話さえくだされば概算ですがお見積りを口頭で申し上げることはできるのですが、それもなかなか難しいのでしょうね。

前置きが長くなりました。
本題ですが、私のお客様の最高齢は94歳の方を筆頭に90代~80代後半の方が10名ほどいらっしゃいます。
90代にもなってまだパソコンの修理をしようと思うことは大変すばらしい事です。
90代ともなればパソコンの修理より、自分の体や頭を直す方が多いのに、まだパソコンを直す余裕があるという事はお元気な証拠です。
そういった方に共通していること。
それは現役の頃のお仕事が社会的に地位の高い方が多いという事です。
大学教授だった方、元お医者さん、研究者の方、官僚の方、名前を聞けば多くの方が知っている大会社の方
それなりの地位にいたからこそ、金銭的な余裕がありパソコン修理を頼むことができるのでは?
とも思うのですがそれだけではないようです。
お若いころからしっかり勉学に励み、先の事を見通して生活をしてきたからこそ、健康にも気を使い、ご高齢になっても元気にしていられるのではないかな?と思います。
あとは皆さん共通しているのはどなたも大変物腰が柔らかく丁寧な方ばかりです。
社会的に言えば私よりずっと上の方ばかりです。
中には『俺は偉いんだ!』と思っている方がいても良いと思うのですが・・・事実偉いわけですし。
ただ、そういった方がまったくいないのです。

私のお客様をみていると、私も将来はこんなおじいちゃんになりたいなぁと思う方ばかりです。
こんな物腰の柔らかい、丁寧で、それでいて色々話す、そんなお年寄りになりたいですね。
社会的地位はまったく劣りますが、私も多少は健康に気を使っているつもりです。
90になっても趣味でパソコンを直している、そんなおじいちゃんになれるでしょうか。
ゆとりをもって生活を送り、誰にでも丁寧でやさしい、そんな爺さんになれるでしょうか。
そのころにはパソコンは無くなっていそうですが・・・

お客様の事をあまり、おじいちゃんとかお年寄りと呼ぶのは失礼かもしれませんが
そうなりたい期待をこめて今回記事にいたしました。

↑このページのトップヘ