パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

カテゴリ: その他の日記

そろそろ梅雨入りでしょうか。
今年は新型コロナウイルスのせいでマスク着用が標準化しているため息苦しい日々が続いています。
車を運転中は外していることが多いのですが、お客様のお宅へご訪問の際はマスク着用と携帯用アルコール消毒液で手の殺菌をしています。
アルコール消毒液は暑くなり、車内に置きっぱなしだと発火の恐れがあるそうで常に持ち歩かなければなりません。
重いカバンがさらに重くなっていまいました。

新型コロナウイルスと言えば、パソコンの納期も新型コロナウイルスのでいで遅くなっています。
パソコンを作る工場もラインを減らして生産していますので、去年までだと発注から到着まで2日~3日程度が多かったのですが、今は1週間程度かかるものが多くなっています。
1週間もかかるなら、2~3週間はかかりますが生産受注品を狙ったほうが安く、性能の高いモデルを狙えます。
そんなわけで弊社では最近は専ら受注生産モデルをお客様に紹介しています。
納品まで時間はかかりますが、性能が高いモデルをご紹介できることが多いからです。
おかげで貸し出し用パソコンがフル活動です。
受注生産モデルなどをご注文いただいたお客様にはパソコンが届くまで無料でレンタルパソコンを貸し出ししています。
受注生産品ですと2~3週間、場合によっては1か月程度お待ちいただく事になりますので、その間パソコンがまったくないと困る方が多いので無料で貸し出ししています。
普通のノートパソコンなので重い作業は不向きですが、ネットをみたりメールをするくらいのお客様でしたらご用途に耐えうると思います。

今、レンタルパソコンは3台ありますが、すでに2台は貸し出されており、ストックは1台のみです。
このパソコンも近いうちに貸し出しされるような気配もございます。
今まで3台すべて貸し出される事はなかったのですが、もう1台増やさないとダメかな?

なお、あくまでも弊社でパソコンを買っていただいた方への無料サービスですので、どなたにも貸し出ししているわけではございませんのでご了承ください。

パソコンホームドクターです。
新型コロナウイルスの影響で4/10より営業の縮小を行っておりましたが
5/1より通常営業に戻っております。
その間、このブログもしばらくお休みにさせてもらいました。
お待たせいたしました、本日よりブログ再開です。
待っていた方がいたのか?と思いますが、そう思わないとモチベーションが上がらないのでたくさんの方が待ち望んでおり、再開の知らせに喜び、小躍りをしながら町中を練り歩いたと思う事にしています。

ゴールデンウイークまで営業縮小の予定でしたが、当たり前ですが何もしなくても経費が掛かります。
営業をしないとその経費を支払えません。
政府の営業自粛に対する補助金は弊社のような訪問型のサービスは当てはまらないようで、補助金の対象外なのです。
対象かなぁと思っていたのですが、対象外のようだと気が付いた時はかなり残念でした。
それならば営業をしないと、本当に永久に営業できなくなります。
そんなわけで営業再開と致しました。

マスクの着用とアルコールによる消毒は訪問の前後に行っておりますので個人レベルでできる感染予防策は行っております。
ただ、どうしても気になるものだと思います。
今すぐというのは難しいと思いますが、新型コロナウイルスが収束するに反比例して弊社のお客様は以前と同じ水準まで、できれば更に増えていってほしいなと思っております。

新型コロナウイルスが猛威を振るっております。
昨日出された緊急事態宣言でも、その危機的状況がわかるかと思います。
弊社でもご訪問前には携帯用のアルコール消毒液を手に吹きかけご訪問するようにしております。
マスクはまだ在庫があるので大丈夫ですが、相変わらず店頭には並んでおりません。
政府が増産体制に入った、と言っていますがなぜ店頭では常に売り切れ状態なのでしょうか?
病院や医療関係の方に優先的に配布されているのでしょうか?それならば仕方ありません。もうしばらく待つしかないと思います。
それとも売っているけど、毎朝、店先には行列ができ、開店と同時に完売状態のでしょうか?
行列ができているのならば何かしらの規制をかけないとまずいのでは?と思います。
何分も何時間も並んでいるのでしょう。行列内で感染するリスクはあると思います。
また、平日の朝から並べる人は多くがお年寄りでしょう。
感染したら重症化するリスクは高いと思います。
早急に何かしらの対策をしないと感染予防のためにマスクを買い求めに行ったらそこで感染したといった本末転倒な状態になりかねません。
いつになったら私のような日々普通に働いている人も気軽にマスクを買えるようになるのでしょうか?
政府が配布するマスク2枚でしのぐしかないのでしょうか?
しかし、2枚って・・・
配布するお金があれば、設備投資をしてどこかの企業にマスクを作らせる資金にした方がいいのではないでしょうかね・・・

また、弊社もいよいよ新型コロナウイルスによる影響が出ていました。
弊社は観光や飲食関係とは違い、パソコンの修理や作成、保守・管理業務が一般ですので今まで新型コロナウイルスで大きな影響を受けることはなかったのですが、先月末から今月に入り、徐々にその影響が出始めています。
やはり新規のお客様からのお問合せ、修理のご依頼はかなり減りました。
お客様の立場からすると見ず知らずの人間が、修理とはいえ自宅に訪問するわけです。
どんな人かも分かりません。かなり不衛生な人かもしれません。
修理依頼の電話を躊躇うのはわかります。
私がお客様の立場でしたらかなり嫌でしょう。

今のところは今までご訪問させて頂いたお客様、リピーターさんを中心にご依頼をいただいている状態です。
しばらくは何とかなるとは思うのですが、いずれはリピーターさんも減ってくるでしょうし
新規のお客様からのご依頼がないと行き詰ってしまうかもしれません。
ただ、現状ではどうにもできない状態です。
ただ、新型コロナウイルスの終息、できれば終焉を待つばかりです。
せめて新型コロナウイルスに効果のある薬が開発されれば皆さんの気持ちも多少は緩くはなるのでしょうけど、それがいつになるかはいまだに分かりません。
インフルエンザのように予防注射ができれば良いのですが、こればかりはかなり先になるでしょうね。

お客様の中にも仕事がなくなり自宅待機状態という方もいらっしゃいました。
その方は建設業です。建築業界でも受注は減ってきているようで、ほぼ全ての業種でなにかしらの影響が出ているようです。
観光や旅客輸送、飲食関係の業者さんは大ダメージなので、それから比べればまだまだマシなのでしょうけど、明日は我が身のつもりで警戒をするつもりです。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

今年の冬は本当に暖かいですね。
ここ数年、東京ではまとまった雪が降らず、車移動が多い私としては大変助かっています。
雪が降り、結構積もると基本的にその日はお休みにしています。
お急ぎの方の場合、何とかご訪問致しますが、訪問時間も読めず、事故になりかねませんので出歩かないほうが無難です。
多少の降雪ならば翌日にはご訪問できますし、その日は休んで子供と雪だるまでも・・・と思っていますが子供が生まれて、外で遊べるようになってからまとまった降雪がありません。
ありがたいことですが、子供は雪が降ってほしいとぼやいています。
雪が降ったら童心に帰って遊ぶのもいいかと思っています。
妻には、本気でプラレールで遊んでいる私の姿を見て、いつも童心に帰っている、と言うより子供から成長していない。と言われました。
常日頃から童心なパソコンホームドクターです。

今日はパソコンとは全く関係ないことです。
2月上旬、今年も花粉症の時期がやってまいりました。
このブログでも何度も記事にしていますが、喉が痛くなり、鼻水が出始めました。
あ~今年も花粉症の時期がやってきたなぁ。
と思いながら、日々を過ごしていました。
しかし今年は鼻水の量が半端な量ではありません。
どこからこんなに出てくるのか、こんなに出てきたら体重減るんじゃないの?
と思うほど、とめどなく流れてきます。
これはたまりません。仕事に支障も出てきたので花粉症で初めて病院へ行きました。
薬をもらい、どの程度スギ花粉のアレルギーがあるのか、アレルギーの検査も行いました。

1週間後、検査結果を聞きに病院へ行きますと
先生から驚きの一言が。
『スギ花粉ではなくてハウスダストですね』

「えっ⁉」
「スギ花粉ではないんですか?」
『まったく出ていないですね。スギもヒノキも、秋のブタクサもないです。その代わり、ハウスダスト、ダニのアレルギーが出ていますね』
「えー信じられないなぁ、本当ですか?」
先生に検査結果を見せてもらいます。スギ花粉はまったく感知していません。
『ハウスダストは通年ですから症状が1年を通してでやすいですよ』

とりあえず、ハウスダストについて説明を聞き、舌下治療を始めました。
ただ、いまだに信じられません。
布団や部屋の掃除をすると多少は鼻がでることはありますが、すぐにおさまります。
たまに咳が止まらないことがありますが、滅多にありません。
失礼ながらお客様のお宅でかなり掃除をしていない、ゴミ屋敷のようなお部屋に入ることもありますが困るようなことはありません。

今までこの時期になると喉の痛みや鼻水が出たのは何だったんだろう・・・
それもハウスダストのせいでしょうか。
花粉症とちょうどのタイミングで重なるものでしょうか。
未だに信じられないのですが、結果が全てですので信じるしかありません。

まったくパソコンと関係ない記事ですいません。
ただ、この時期になるといつも花粉症だ、花粉症だと記事にしていたと思いますし、自分も症状がではじめてから10年以上そうだと思っていました。
それが全くのゼロ。
スギ花粉によるアレルギーはゼロ
と言われれば本当か?と思いたくなってきます。
この時期になるとちゃんと喉と鼻水の不快感が出て、ほかの時期はあまりまりませんので、不思議で仕方がありません。
どなたか私と同じように、花粉症だと思っていたら、別のアレルギーだったという方がいらっしゃいますか?

早々に花粉症の症状が出て困っています。
今年は花粉の飛散量が少ない、とニュースで言っていたので
「今年は大きな症状は出ないかな?」
と思っていたのですが、すでに鼻ズルズル状態。
仕事にならないので、初めて花粉症の症状で病院に行き薬をもらいました。
多少は良くなりましたが、まだ鼻声。くしゃみや咳も出ます。
お客様各位、私がご訪問する際は鼻声や時々咳やくしゃみなどで大変ご迷惑をお掛け致しますが、風邪ではございませんのでご安心ください。
あと最低1か月はこの症状が続くと思と憂鬱なパソコンホームドクターです。

今日は新型コロナウイルスについて少し記事にしたいと思います。
日本でも亡くなった方が出て、感染者が増えています。今後が不安ですが、特に本土、中国ではかなり深刻な影響があるようです。
亡くなった方が2000人近くもなり、重症者もかなりいるとの報道がなされており、深刻な状態であることは間違いありませんが、物流にも影響が出ています。

弊社は中国のある業者さんと一部の部品、材料などを直接仕入れています。
武漢市ではありませんが、近い街に会社があるようで、今回の新型コロナウイルスの件で1月末頃よりずっと休業しています。
正確には1月は春節休暇があるのですが、それからずっと休業です。
業者が言うには2月下旬になれば落ち着くとの見解で、下旬には再開予定だそうです。
どこから来た見解なのか分かりませんが、これ以上感染拡大を防ぐためにも十分配慮してほしいと思います。
また、先日ご訪問した石材店のお客様も同じく
『中国から石がこなくて、2月は開店休業だよ』
とおっしゃっていました。
「国産の石とかならばすぐ販売できるんですか?」
とお聞きすると
『国産でも加工工場が中国にあるから一度中国にもっていってそこで加工してもらうんだよ』
『中国工場が動いてくれないと、国産もインド産もダメなんだよ』
『このままだとお彼岸までに間に合わないかもなぁ』
と困っていらっしゃいました。

世界の工場といわれる中国、他分野でも物品の遅れや届かないといったトラブルはまだ続きそうです。
新型コロナウイルスのせいと言われると仕方のないことですし、お亡くなりになった方やご家族のことを考えると大変お気の毒ですし、物品の遅れなど我慢しろ!と怒られそうですが、早く収束して通常の業務に戻ってほしいものです。

明けましておめでとうございます。
令和2年のパソコンホームドクターです。
今年弊社は10周年をむかえます。
これもひとえに皆様方のご支援とご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。


これ以外に書くことがなく困っています。
何を書きましょうか。
どうでもいい私の年末年始の過ごし方でも書きましょうか。
このブログの質も落ちたものです。
もともと上質でも上品でもなかったくせに、と突っ込まれそうですがそこは置いておいてください。

お正月に実家に帰った時の1日です。

朝まだ寝ているのに子供にボディプレスを決められ大変目覚めの悪い起床。
朝食をとりたいが、すでに元気な子供がまとわりつきおんぶ、だっこ、終いには馬になる。
朝食を家族でとる。ゆっくりお茶をすする。
TVを子供に奪われ年始の雰囲気を味わえない。
広告をチェックし、安い日用品や福袋を探し出す。革靴が安い!買おう!と思ったが、昨日の初売り企画で終了しておりがっかりする。
兄弟が子供を連れて来たのでまた大騒ぎ。
昼食をとる。お正月らしく餅。
おじさんですが凧あげが好きな兄弟と共に空き地で凧を上げる。ただし風がなくまったく上がらない。
そのまま子供たちと公園に行き遊ぶ。
夕方になったので家に帰り、子供がお風呂に入っている間、こたつでゆっくり。
うとうとしていると子供がお風呂からでてきて再度ボディプレスを決められる。
母が夕飯の準備をしているので、妻と主に簡単に手伝う。
夕飯を親、兄弟と一緒に食べ、TVを見ながらいろいろ話す。
食べ終わった子供がまたまとわりついてくる。箸を奪われ、奪い返し、を繰り返してぜんぜん食事が進まない。
食後、終点までどこにも停まらない電車ごっこで遊ぶ。
兄弟が自分の自宅へ帰るのでお見送りをする。
寝る支度を整え、妻が子供を寝かしつけている間にお風呂に入る。
あとはゆっくり親や妻と話して眠くなったら布団に入る。

どうですか、つまらないでしょう。
今後はもう少しマシな記事を書きますので今年もよろしくお願いいたします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

年の瀬せまってきました。
さすがに寒くなってきましたね。
寒いときは天然のホッカイロに限ります。
前にも記事にしましたが、子供をだっこすると冬はかなり暖かいのです。
少々暴れて重く、時にうるさいですが暖かさだけは最高。まさに天然のホッカイロです。
今日も暖かいないあと思いだっこしていると、本当に暖かい。
といいますか、むしろ熱い。

体温を計ったら38.7℃もありました。
おお!これは暖を取っている場合じゃない、と思い病院へ駆け込みました。
インフルエンザではなくただの風邪だったのですが、当の本人はいつもと変わらず走ったり、踊ったりと相変わらず元気です。
本当に熱があるのか?と思いたくなるほどしっかり食べ、しっかり遊び、夜は寝ていました。
少々寝苦しいようで夜何度か起きて泣いたりしましたが、38.7℃とは思えないほど元気です。
熱は2日ほどで下がり、今は平熱です。
あの高熱は何だったのか分からないほど今も元気です。
ただ熱に対して単に鈍いだけでしょうかね?
元気なんだか鈍いだけなのか、我が子ながらわかりません。

今年もあと数日で終わりです。
恐縮ですが弊社は1月5日まで年末年始休暇とさせて頂きます。
毎年、今年も無事に1年間営業できるだろうか、と考えておりますがおかげさまで今年も無事に1年間営業できました。
多くのお客様に支えられ、利用して頂いたからこそ営業できたことと思っております。
ありがとうございました。

来年の9月は弊社設立10周年です。
普通のお店ならばキャンペーン的なものをやるのでしょうが、弊社はパソコン修理会社です。
パソコンが壊れないと用がない会社ですので、キャンペーンをやっているからお客様が増えるわけでもありません。

キャンペーンですので、くじ引きでも行い1等はCore-i9-9900kとかでもしましょうか。
自作しない、興味がないお客様にとってはもらっても困る品ですね。
せめて外付けHDDとか、USBメモリならば喜んでいただけそうですが。
ただ、パソコンが故障しないと弊社には用はないので、キャンペーンを行うのも違うような気がします。
それに10周年でおめでたいのは弊社です。お客様がおめでたいわけではありません。
こういうお祝い事は内々で済ませるのが良いのかな、とも考えています。
お祝い事というのかわかりませんが・・・

しまらない最後になってしまいました。申し訳ありません。
来年もパソコンホームドクターをよろしくお願い致します。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

このところ何かと忙しくてブログの更新がおろそかになってしまいました。
仕事で忙しければうれしい悲鳴なんですが、プライベートでも忙しくて、こっちは少し落ち着いてもらいたいものです。

それよりももう12月です。
早いものです。
1年間があっという間です。
子供のころよりあきらかに1年という時間が短くなっているとしか思えません。
この時期になると増えてくるのが年賀状関係のご依頼です。
一番多いのが印刷ができない。
大体はプリンターとの接続ができていない。インクが詰まって色が出ないといったことがほとんどです。
インクの目詰まりは結構ひどい状態になるとクリーニングだけでは対応できなくなり、最悪ヘッドの交換が必要です。そうなるとかなりお値段が高くなってしまい、新しいものを買った方が安い場合もあります。
今年もすでに1件ありました。

また今年は久しぶりに年賀状のデータ入力のご依頼がありました。
分かりやすく言うと年賀状の住所録の作成です。
筆まめでも筆ぐるめでも、筆王でも、そのほかエクセルファイルでもどんな形式でも住所録を作ります。
昨年来た年賀状をお渡し頂ければ数日で作成致します。
ただ、今回のご依頼は600件超とたいへん多かったです。
600件ともなるとさすがに入力に時間がかかりました。
6日ほどお時間をいただき、先日ご納品差し上げたところです。
あと、読めない名前の多いこと多いこと。これは単純に私の教養が低いのかもしれませんが・・・
特に最近は読めない名前が増えています。キラキラネームってやつです。
これからますますこうなるのでしょうかね。
ところで、漢字文化の中国はどうなのでしょうか?
子供の名前など、日本と同じように当て字のような読めない名前とかあるのですかね?
それとも漢字しかない中国には当て字的なものは存在しないのでしょうか。
中国語は全く分かりません。
訂正します。
中国語も全く分かりません。
人の名前が分からない程度ですので日本語すら怪しいレベルです。
学生時代、国語ももう少し勉強しておけばよかったかな・・・

晩秋ですね。
夏は日差しをよけて歩いていたのが、いつのまにか日差しを求めて歩くようになっていました。
肌寒くなってきており、こたつが欲しいくなってきました。

ただ、我が家は去年も書いた通り、子供のおかげでまだこたつが出せません。
こたつを出したら瞬時に汚されて、乱されるのは容易にわかります。
仕方ないので温かい子供を抱っこすることで間に合わせましょう。
ただ、子供は程よいぬくもりをくれて温かいですが、重い。しかも気まぐれで静かにしていてくれません。
ちょうどよい温かさになったかな、と思う前に、おろせ、離せ、の駄々こねが始まり落ち着いて温もりを味わっている場合ではありません。
また、ゆっくりしていられない時でも、だっこの要求。
今は温もりは欲しくないんだけど、仕方ないなぁ、と思って抱っこをすると机の上に置いてあったバナナを見つけ、ナ!ナ!たい!(本人はバナナを食べたいと言っているようです)と温もりどころではありません。
もう少し静かな暖房器具が欲しいパソコンホームドクターです。
ただ、分かっていてもついついだっこをしてバナナをあげてしまうのはかわいいからでしょうか。

今日は外付けHDDを持っている方は沢山いるかと思いますが
外付けHDDのケースに通常のHDDを組み込んで使っている方はあまり見たことがないので記事にしました。
外付けHDDならば買ってきてUSBを挿すだけで使えるので大変手軽です。
その反面、形や中身のHDDを選べません。
外付けHDDのメーカーはバッファローやIODATA、ロジテックなど多数ありますが、肝心の中に入っているHDDはウエスタンデジタル(WD)かシーゲート、東芝がほとんどです。つまりバッファローの外付けHDDを買っても中身は別メーカーのものということです。
別にバッファローがダメというわけではありませんが、それならば好きなケースに、好きなHDDを組み込んだほうがいいと思うのです。

今回選んだのは
HDDケースが
四代目冷やし系HDD検温番 USB3.0 CLS35U3BKF6G
HDDが
WDのREDシリーズ 2TB
のものです。
ケースは単純に値段の割にしっかり作られているからです。
大きめのファン8㎝つき冷却性能が高いのと、HDDの温度測定機能(表面温度)とそれに応じたファンの回転数制御までしてくれて、温度やファン回転数を液晶画面に表示してくれる。
商品名はちょっとダサいですが、大変よくできたケースです。
HDDは比較的故障が少ないWDのもの。その中でもNAS用に開発された耐久性が高いREDシリーズ。一般的な外付けHDDに入っているHDDよりもシビアな環境でも耐えれるよう設計されているので信頼性も高いモデルです。
これをこのケースに入れておけば通常使用の範囲内ならばそう簡単に壊れないのではないでしょうか。
DSCN2483

組み込みはいたって簡単です。
ネジで止まっているケースのカバーを外します。
DSCN2484

裏側はこんな感じ。
HDDを用意して組み込みます。
DSCN2485

ケースに入れてHDD底とケースをネジを止めるだけです。
DSCN2486

起動されるとこんな感じです。
HDDの温度が33.6℃、回転数は1560回転です。
いい温度ですね。回転数もこの程度ではうるさくなく、1.5mも離れればほぼ聞こえないレベルです。
温度が上がれば回転数も上がり多少うるさくなりますが、冷えればまた回転数も下がります。
DSCN2491

値段の割によくできたHDDケースです。
お客様には
普通の外付けHDDより耐久性の高い外付けHDDになったと思います。
多少酷使しても大丈夫だと思いますので十分使ってあげて下てください、とお伝えしました。

パソコンホームドクターです。

11月に入り1年で一番好きな月がやってきました。
少し肌寒く日が落ちるのが早く、紅葉が進み、季節の変化を一番感じ取れる11月が大好きです。
毎年同じようなことを言ってる気もしますが気にしないでください。

今回はとある新規のお客様からのお電話です。
『パソコンを壊したいんだけどそういうのもやってくれるの?』
パソコンを壊したい?
「処分したいということですか?それならやっておりますよ」
『処分じゃなくて単純に壊したいの。叩いて壊すとか物理的にじゃなくて機械的に』
「システムを壊したいということですか?」
『要するに見た目は変わらずに動かなくなればいいの、起動しなくなれば』
「・・・できますが、再度データなどをすべて復旧というのは難しくなりますよ」
『いいよ、復旧とかしないから』

システムを壊すのであれば、HDDにほかのデータを書き込む。
OSの起動に必要なデータを書き換える、削除する。
HDDのデータを全て削除する、など方法は沢山あります。が、どう考えてもわざわざパソコンを壊すメリットがありません。
少しトラブルになりそうな案件です。

「理由はなんでしょうか?」
『それは聞かないでほしいなぁ』
まずます怪しい。
「理由がわかりませんとできません」
『理由とか関係ないでしょ、やってくれればいいの。お金はちゃんと払うから』
「ですが、何かしらのトラブルになる可能性もありますし・・・」
『何もないよ。私のパソコンだし』
「でしたら理由をおっしゃってください」
『だからそれは関係ないでしょ!できないなら他をあたるからいいよ!』

結局何だったんでしょうか?
いまだに理由がわかりません。
自分のパソコンを壊したいと思う事などあるのでしょうか?
不思議な電話がありました。
断ることができてよかったです。

↑このページのトップヘ