パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

2021年10月

今は亡き東芝のパソコンです。
dynabook株式会社となって数年経ちますが、いまだに東芝と言ってしまいます。
その方が分かりやすいのですが、直さないといけませんね。
余談はおいておいて、東芝 dynabook AZ45/CBのHDD交換について記事にいたします。

いつも通り裏にしましょう。
バッテリーを外します。
DSCN1909

バッテリーの次はネジを外します。
裏面で見えているネジをすべて外します。
DSCN1910

メモリカバーを外したところにもネジがあるのでそちらも忘れず外してください。
DSCN1911

ネジがたくさんあるのですべて外すのは結構時間がかかります。
外したネジはこのくらいになります。
長短ありますので、どこにどのネジが入っていたか分かるようにしておいてください。
DSCN1914

ネジを外したら後はカバーを外します。
カバーは比較的外しやすかったです。
DSCN1915

手前側より外していきます。
DSCN1916

きれいに外し終わりました。
途中でDVDドライブも外してしまったほうが良いかもしれませんね。
DSCN1917

HDDですね。
あと数年すればSSDがメインの修理、データ復旧などになってくるのかな、と思います。
DSCN1918

特にネジなどでとまっているわけではありません。キッチリ収まっているだけです。
左側のお尻を浮かせることで外すことができます。
DSCN1919

浮かすことができたらあとはケーブルは外すだけですね。
DSCN1920

HDDが外れました。
ネジがたくさんあるのでそれが大変ですが、それ以外は難しい所はないかと思います。
DSCN1921

最後に、いつも通りですが分解交換は自己責任でお願いします。
SATAケーブルはこのような薄いプリント配線が増えてきており、ケーブルより傷みやすい、切れやすくなっています。もちろん切れたらHDDを認識しません。お気を付けください。
万が一のトラブルがあっても責任は負いかねますのでご了承ください。

暑かった10月もやっと落ち着き、気温が急降下。
それでも晴れると陽の下では暖かく、心地良いですね。
昼夜の気温差が大きくなり、朝起きるのがすでに寒いという表現が正しくなってきました。
ただ、日中はまだまだ暖かく、激しく動けば暑いくらい。
夜になれば澄んだ夜空に月が輝き、虫の音もまだ少し聞こえる。
まさに物のあわれは秋こそまされですね。
春は春でいいものですが、やはり秋は良いですね。
ただ、子供に言ってもまだまだ分かってはくれません。
大人になったら分かるのでしょうか。
そういえば私も季節の移ろいを楽しめるようになったのはいつの頃でしょうか。
日本の四季は本当に美しいと感じるパソコンホームドクターです。

私は日々お客様のお宅にご訪問し、パソコンの修理をしております。
自社内などでの作業でなくお客様のお宅での作業になるため必然的にお客様と一緒になります。
それはお客様と近づける、人となりが分かる良い機会ですが、逆に困る事もあります。
良い事も困る事も沢山ありますが、ここでは一番困る事のうちの一つについて記事にします。

一番困る事のうちの一つ、それは
宗教勧誘
です。

私は一応、仏教徒です。
実家に帰れば祖父母の仏壇があり、お位牌がある。
定期的にお寺に参拝して、お参りをしているお墓もあります。
ただ、お寺に行くのも祖父母がいるお墓があるからで、それ以外にお寺に用はありません。
神社にも参拝しますし、クリスマスには子供にプレゼントを用意し、近年身近になってきたハロウィンについても抵抗ありません。宗教に関しては寛容です。言わばほぼ無宗教です。
こういった方は日本では多いのではないでしょうか。
私は日々の生活であまり宗教とは縁のない生活をしておりますし、それでよいと思っています。

また、私は神などはいないと思っていますし、それが一番良い考えだとも思っています。
信心深い方は神様にお祈りをし、その神に救いを求めます。
ただ世界各国を見ると、神のため、聖戦だという大義名分をかかげ争いの日々。
多くの人が死に、傷つき、住む場所を奪われ、家族と離れ離れになり、生活にも困窮する。どこが神のためなのか訳が分かりません。
そんな歴史を何百年続けてきたのでしょうか。
神がいるのであればとっくにそんな世界から救ってくれるはずです。自分のせいで人間が死んでいるのです。悲しい思いをしているのです。それに目を向けない神様など神ではありません。
そんな訳で私は神などいるわけがないと思っています。

宗教の信仰は自由です。
何を信じようが構いません。ただ私は興味が無いのです。
ただ、たま~にですが宗教の勧誘をしてくる方がいらしゃいます。
ご本人は良い事のつもりでしょう。何しろその宗教を信じているわけです。
それも私のようなほぼ無宗教に近い人が多い日本であえて別の宗教を信じている、かなりの信心深さが無ければ別の宗教を信じないはずです。
ですので相当、この教えは良いものだ、と思っているのだと思います。
だからこそあまり不愛想な態度やはっきりとしたお断りができないのです。

ですが、どれだけ勧誘されても最終的には
「興味がありません」
とお断りいたします。
いままでいろいろな宗教、聞いたこともあるものや何それ?といった怪しいものまで、お誘いがありました。

教会へ行きませんか?
 → すいません、行きません。そんな時間があるならば家で寝てます。
このお寺で良いお話が聞けますよ。
 → お客様のお宅に行けば損得なしに良いお話が聞けることが多いので、お寺に行く必要がありません。
この本を読んでくれればきっと考えが変わります。
 → 現状で困っていないので、わざわざ変える必要がありません。
もっと幸せな人生が歩めますよ!
 → そちらがあまり幸せそうな人生を歩んでいるように思えないので・・・
お布施をするという事は大変良い事でして・・・
 → お金をもらうのは好きなんですが、あげるのはあまり好きではなくて・・・

本音はこんなところなのですが、そうも言えず言葉を濁していることが多いのです。
ただ、ある一定以上踏み込んでくることがあれば、私も自分の生活があるのでそこはしっかりお断りさせていただきます。

宗教の信仰は自由です。
私はそれについて差別意識も否定的な言葉を発することも一切ありません。
ただ、勧誘はやめてほしい。
宗教の信仰は自由である以上、放っておいてもらいたいのです。

パソコンホームドクターです。

先日ご訪問したお客様、法人様なのですがやや古めの2階建て商業ビルを1棟借りてお仕事をなさっているようです
ご依頼はインターネットが時々つながらない。
時々というのは困ったもので、私がご訪問時につながっていると原因特定が大変分かりにくいのです。
ですが、ご依頼があった以上そんな言い訳は通用しません。

何だろうなぁと思いながらご訪問。
やや古めのビル、という事もありあちこちにLANケーブルが這っています。
よくある事なので想定内です。
パソコンを見させて頂きました。確かに時々つながらない。つながらないと言いますか大変遅い。
遅くてつながっていないように見えます。ただ、問題なくつながる時もありました。
まずはウイルス対策ソフトを疑います。ですが、15台ほどあるパソコンの半分ほどがつながらなくなる、という事ですのでウイルス対策ソフトということはなさそうです。
そうなるとルーターか。
「ルーターを見せて頂きたいのですが、どこにありますか?」
『ルーターですか?ええと、私は後任ですので、よく分からないのですが、確かこっちです』
法人様の場合、担当の方が退社などで入れ替わることが多々あり、よく分からないと言われることもよくあります。
これも想定内です。
ただ、ここからが想定外でした。

『え~と、これですかね』
ちょっと古めですがバッファローのルーターです。
「これですね、それでは・・・」
『あと、こっちにもあります』
ん?他にもあるのかな?まぁ法人さんだからな、何台かあってもおかしくないか。
『ここにもあります』
『あと、これ』
『これもそうですかね?』
『これも、あれも』
そうおっしゃって出てきたルーターは10台
すべて電源が入っています。なにかしらつながっているようです。
「・・・これ全てつながっているんですか?」
『分かりません、私がこの会社に来た頃からこの状態だったので・・・』
おそらくルーターの咬ませすぎでしょう。
ブリッジとして使っているものが多いものとは思いますが、何台かはルーター機能が有効になっていてダブルルーターどころかトリプル、フォースとなっているかと思われます。
どれが親ルーターなのか、把握するのも大変そうです。
それよりも、配線がどこを通ってどうなっているのか、それを探すだけでもかなりの労力です。
淡い期待をもって
「LAN配線がどうなっているかなんてことは・・・ご存じでは・・・」
『すいません、それを分かりません。ごちゃごちゃでどうなっているのか全く分かりません』
そうですよね、知らないですよね。

とりあえず、この日に全てを把握するのは不可能だったため、後日時間を作って頂きご訪問いたしました。
完了までに3日ほどお時間をいただき、見えている部分はかなりスッキリとまとめることができました。
不要なルーターは取り除き、1台のみとしました。あとは必要に応じてハブを使い分岐。
まだ少し無駄があるかな、といった感じはありますがすべての配線を引き直すのは費用との兼ね合いもあり不可能に近いので、できるところだけ、といった条件できれいにしました。
それでも不要なLANケーブルは15本ほど。
見た目にもきれいになり、一番のお悩みだったインターネットが時々つながらない。といった点も解決できました。
3日もかかったことも大変でしたが、一番大変だったのはその3日間、お客様の会社は営業しています。その中、いろいろな社員の方に
「ちょっとパソコンのインターネットを切らせてもらっていいですか?」
「足下の配線を見たいので、申し訳ありませんが、少し失礼させてください」
「この荷物をどかしてもいいですか?」
といった許可をとらないといけない、聞かないとわからないことが多くそれが一番苦労しました。
お客様の会社の方々にできるだけお邪魔になってはいけない、ただ、多少はお邪魔しないと配線が直せない、といった具合です。
この3日間で2、3キロは痩せたような思いです。
お客様は大変喜んでくれたので良かったのが唯一の救いです。

このごろ10月とは思えない暑さが続いていますね。
今日だけは比較的涼しいですが、明日からまた暑い日が続くようです。
長袖の出番はもう少し先でしょうか。

私は変な人間で、半袖というものがあまり好きではありません。
ですが、比較的暑がりなので長袖を腕まくりして半袖のようにするのが好きなのです。
それなら半袖を着ればいいじゃないか、というご意見が出ると思いますが
半袖が涼しくていいけど、いざというときに長袖になれる長袖の腕まくり、というのが好きなのです。
ふーん、そうなの、どうでもいいよ。という声が聞こえてきそうですね。
このブログは私に言いたいことを書いてる時もあるので、こんなどうでも良いお話にもお付き合い頂く事があります。よろしくお願いいたします。
長袖が好きなパソコンホームドクターです。

このブログは服屋のブログではありませんね。こう見えてもパソコン屋のブログです。それらしいお話に戻しましょう。
つい先日、5日にWindows11がリリースされましたね。
Windows10が稼働しているパソコンで、Windows 11の動作要件を満たしているものには順次、WindowsUpdateを通して通知が届くようです。
まだまだWindows11の通知が届いたパソコンを見たことがありませんが、そのうち比較的新しいパソコンには通知が届くのでしょうね。
私のメインパソコンは古いのを何とか延命している状態ですので無理ですが・・・

ですが、リリースはされたのですが、その割にはいまいち話題になりません。
昔は新しいOSが出た、となったらお祭り騒ぎのようでしたがその気配がありません。
昔のように全く新しいOSという訳ではないのでその点が違いますが、その割にはTVなどでもあまり取り上げられません。
全く知らない人もいるのではないでしょうか?
知らない人からしたらいつものupdateかな?と思ったらOSががらりと変わっていて、どうした?となる人もいるかもしれませんね。
ちなみに、発売時期の新しいパソコンから順次、通知が届くらしいので、パソコンを買ったばかりの方ならば比較的、早めに通知が届くでしょう。

私の持っているサブ用パソコン類で一番新しいものは第9世代のCPUが積まれているパソコンです。
それほど新しいパソコンという訳でもないので、まだ通知はありません。
私の持っているパソコンは新しい順に
第9世代のCPU(デスクトップ)
第8世代のCPU(デスクトップ)
Ryzen2000番台(デスクトップ)
第6世代のCPU(ノート)
以下続く
となっています。
Windows11は第8世代、Ryzen2000以降のCPU(デスクトップ)が対応しているそうなので上の3台は行けそうですね。

できれば第6世代のCPU(ノート)まで対応してほしかった・・・
これは仕事用に使っているノートパソコンで、常に持ち歩いているのでまだまだ使いたいのです。
性能もi7にメモリ16GB、SSD500GBですので、当時としてはかなり良いものです。
おまけしてupdateしてくれませんかね?
ただ、細かい点で不具合はでそうですが・・・・・

夏の暑さもやっと終わりいよいよ秋本番という気候になってきました。
気温はまだまだ高いですが、すがすがしい陽気が続き大変気持ち良い日が多くなってきました。
朝晩は少し冷えるようになり、夏物のパジャマから春秋用のパジャマに切り替えたのは先週の事です。
それでも虫の音は変わらず、夜の公園は虫の合唱のようですね。
やはり秋は良い。改めてそう思える日が続いています。
相変わらず秋が好きなパソコンホームドクターです。

さて、私はお客様の元にご訪問させていただき、日々、壊れたパソコンを診ていますがその中でお客様が良く言われる事シリーズ。
久々にこのコーナーです。
そうです。ネタが無いのです。こんなことでお茶を濁すことをご勘弁下さい。

お客様が良く言われる事
『昨日までは動いていたんだけど』
『先週までは動いていたんだけど』

前回の
『何もしていないのに壊れた』
に続きよく言われる言葉です。

前回まで動いていたのは当たり前なのですが、多くのお客様は、私に、いつまで動いていた、といった状況を説明してくれているのだと思います。
昨日まで動いていたのであれば、その間に何かあっただろう、と推測できますので、修理、復旧作業がやりやすいのです。
なのでこの言葉は言っていただくとありがたいのです。

ですが、やはりたま~に例外があります。

例外①
ご訪問をして
お客様が
『一昨日までは動いていたんだけどねぇ、なんでかなぁ』とおっしゃる
私が
「そうですか、じゃあその間に何かあったのかもしれませんね」
『そうなんですよ、一昨日までは動いていたのに、何でですかね?』
『・・・一昨日までは正常だったんですよ』
『・・・・・・・一昨日までは何もなく、作業ができたんですよ』
『・・・・・・・・・・・一昨日までは快調だったのに』
『たぶん昨日何かあったんでしょうね。一昨日まではできたんだから!』
ここまで言われると自分の使い方は間違いないという事をアピールしたいのかな?と思ってしまいます。


例外②
ご訪問をして
お客様が
『一昨日までは動いていたんだけどねぇ、なんでかなぁ』とおっしゃる
「そうですか、じゃあその間に何かあったのかもしれませんね」と返すと
『ただ、ついうっかり踏んでしまったんですよ』
・・・もうすでに故障原因わかっているじゃないですか・・・

↑このページのトップヘ