パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

2016年07月

やっと梅雨が明けましたね。
このところ曇り日が多く、暑くなくて助かっていたのですがこれから暑い夏がやってくるでしょうね。
今年の梅雨は長かったのですがいつまでもこの状態では冷夏になってしまいます。
少しは太陽が照ってくれないと夏野菜が・・・とPCとは関係ない事ばかりが心配です。

仕事の話をしましょうね。
今日は世田谷区と国立市に行ってきました。
距離があったので移動が大変です。
なぜかこの1週間は遠方まで行くことが多く、行った事のない場所まで車を走らせご訪問していました。

神奈川の相模原市
東京の杉並区、豊島区、奥多摩町、町田市
埼玉の狭山市、川越市

奥多摩町は初めてでした。
どれも結構遠いのですが、都心ほど道が混み運転するのが大変です。
一方、田舎ほど信号も車も人も少なく快適に運転ができ、到着も早く楽なのです。
都心部へのご訪問エリアをある程度制限をかけているのはこのためです。
人口が多い都心部ほどご依頼もたくさんあると思うのですが、難しいところです。
都心部に店舗を構えればいいのですが、今のところ人材的にそんな余裕はありません。
もちろん訪問エリア内ならばどこでもご訪問致しますが、あまり遠いと長時間空いているときしかご訪問できませんのでどうしても即日というのができないのです。

ちなみに訪問エリア外でも時間が取れればご訪問可能ですが、出張費用が高くなり、場合によっては高速道路の費用も頂くことになります。
先日、群馬県の桐生市からお電話があり、行けるには行けますが、費用を考えると地元の修理業者をお願いされた方が安くなると思います。(大手の業者なら弊社の方がまだ安いかもしれません)

どこでもドア的なものがあれば出張費用など無料でいいのですが、ドラえもんの誕生は22世紀ですからあと100年待たなければなりませんね。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

こんにちは
今朝、朝食に食べようと思っていたパンにカビが生えており、朝食が食べられませんでした。
そんな人間が活動しているパソコンホームドクターです。
賞味期限が1日過ぎただけだから大丈夫だろうと思っていましたが、この蒸し暑さでカビ菌は元気いっぱいのようですね。
おかげでこっちは元気半減ですよ。
ちゃんと冷蔵庫に入れておかないとダメですね。

どうでもいい話はさておき、先日あった出来事です。
府中市のお客様宅へご訪問した時の事です。
PCが古く、買い替えのご依頼を頂き、その古いPCの処分もお願いされました。
PCの販売から処分まで何でも行っているので、忙しくて時間がない、電気屋に行ってもどのPCが良いのか分からないといった方からはこういったご依頼が多いのです。

ご予算などもお聞きし、話がまとまり、お宅を失礼させて頂いた後の事です。
処分PCを車に積んで、次は武蔵村山市だな~と思っていた時

『そのパソコンどうするの?』
え?
急にしらないおじさんから声をかけられました。
「・・・パソコンですか?処分しますけど」

『処分するなら譲ってよ』
『俺のパソコンこれちゃって動かないんだよね』

「・・・このパソコンはとても動きが遅いし使いものにはなりませんよ」
『いや、大丈夫。俺、直せるから』
「そう言われましても、これは処分するようお客さんから依頼されたものですから」
『大丈夫だって、個人情報とかちゃんと扱うから、見ないし』
「そういう訳にはいきませんので・・・」
『俺、パソコン詳しいから大丈夫だって』
「詳しいのならご自分のパソコンを直せばいいじゃないですか」
『・・・俺のは壊れすぎてダメなんだよ!それ要らないんだろ?』
「とにかくこれはお客さんから私が処分を依頼されたものですから勝手に渡せません。壊れているなら買い替えればいいじゃないですか」
『・・・・・要らないならいいだろう、融通が利かないな、どこの会社?』
とんでもないことまで聞いてくるな、なんだこのオジサンは?
「あなたには関係ないじゃないですか。時間がないので失礼します」

そう言って即座にPCを車に積み、立ち去りました。
廃品回収でもやっている人なのかもしれませんが、知らない人にお客さんの個人情報が入ったパソコンを渡せません。
適当な業者はそういった誰とも分からない廃品回収している人に処分パソコンを渡すこともあるようですが弊社では個人情報を消し、場合によってはHDDを取り出し、粉砕してからPC処分の専門業者にお願いしています。
ちょっと怖かったですが何事もなかったので、一安心です。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

パソコンホームドクターです。
この数日、スコールのような雨が急に振り、天気に振り回されています。
夏らしいといえばその通りですが、荒っぽい天気が多くて困ります。

7月も中旬となり、Windows10へのアップグレードの問い合わせが多くなってきました。
7/29までは無償でアップできますので、気になる方が多いようです。
7/30以降は一般的なWindows10のHomeで19,000円程度らしいので無料のうちに、という事でしょうね。

気をつけて頂きたいのは、今はWindows7または8/8.1からのアップグレードが無料ということです。
つまりWindows10をインストールするには、まずWindows7または8/8.1がインストールされているPCもしくはインストールされていないPCならインストールをした後、Windowsアップデートを更新し、その後Windows10にする必要があります。
何もインストールされていないマッサラなPCにいきなりWindows10を入れる場合はOSを購入する必要があるので有料となります。

本来はマッサラなPCにWindows10をインストールするのがベストです。
なぜならば余計なデータ(Windows7または8/8.1のOSデータ)がインストールされていませんのでその分、間違いがないのです。
ただそれだとOSが有料になってしまう。

無料のアップグレードで、できるだけマッサラな状態でWindows10を使うには以下の方法を辿る必要があります。

①Windows7または8/8.1の状態でリカバリーする。(必要なデータがあれば予めバックアップしておく)
②Windows7または8/8.1のPCを最新状態までWindowsのアップデートを行う。
③ほぼ最新状態になったらWindows10にアップグレードする。
④Windows10になったら初期状態に戻す。

文字に書くと簡単ですが、非常に時間がかかります。
おそらく普通に行えば3日~4日程度はかかるでしょう。
どんなに急いでも18時間~24時間はかかると思います。

これを行えば過去のデータはほぼ削除されますのでマッサラに近い状態で、無料でWindows10を使うことが出来ます。
余計なデータがないのでPCが快調になります。
場合によっては体感で分かるくらい快調になることもあるでしょう。
ただ、ほぼ過去のデータがありませんので、アップグレード後、1ヶ月間は戻せる「元のOSに戻す」の表示がなくなってしまいます。
元のOS(Windows7または8/8.1)にするにはまた①Windows7または8/8.1の状態でリカバリーする。を行わないとなりません。
行う場合は慎重に。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

NEC PC-LS-150F26のHDD交換についてです。
簡単ですので、その気があれば誰でもできるレベルです。

いつも通り裏にしてバッテリーを外しましょう。
外し方はバッテリー上部左右にあるロックを外してから取り外しましょう。
DSCN8302
外すと薄いプラスチックの板みたいなものが出てきます。
これを引っ張るのですが、HDDがPC本体に付いていますので、その前に上部にある2か所のネジを外します。
DSCN8304
ネジを外せばプラスチックの取り出しカバーを引っ張ります。
手で真下に引っ張って大丈夫です。
結構固いです。
SATAコネクタから外れればすぐに取り出せます。
DSCN8305

これだけです。
簡単ですね。
たぶん誰にでもできるレベルですね。

一般家電品ならば部品交換すればすぐに使えるようになるますが
PCのHDDは交換してもいろいろ行うことがありすぐに使えるわけではありません。
ただ交換後、リカバリーやら初期設定やらをしないとならないので
そちらの方がかなり手間がかかります。

分解は自己責任でお願いします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

暑いですね。
挨拶の第一声がこれになる時期がやってきました。

急に暑くなり夏が本格化したようです。
まだ梅雨なんですが、夏本番のような暑さです。

今日は暑いだけでなく午後4時ころより急な雷雨でおどろきました。
ちょうど小平市内のお客様のお宅で修理のためPCを運び出そうとしている最中でした。
マンションだったので駐車場がなく、車を近くのコインパーキングに停めたのですがこの雷雨でパソコンを運び出せません。
親切なことにお客様が傘を差してくださり、私は両手にデスクトップのPCを抱え、何とか車に積み込むことができました。
PCはほどんと濡れませんでしたが、私の体はビショビショです。
おそらくお客様もビショビショだったと思います。
申し訳ございません、それと、ありがとうございます。PCは濡れずに済んだので大変助かりました。
水はPCにとって大敵ですからね。

今年初めての本格的な雷雨でした。
雷もあちこちで鳴り、稲光も、ものすごいものでした。

夜になり、ゆっくりしていると一本の電話が鳴りました。
「パソコンの電源が入らないんだけど」
何度かご訪問させて頂いている国立市のお客様です。
「朝は動いていたんだけど、今になって電源ボタンを押しても全く反応がないの」
「今日、雷がすごかったけどそれの影響かな?」
おそらく雷の影響だと思います。

夏の雷雨が多い時期になると何回かある故障です。
雷が鳴ると停電することがあります。この停電した時にたまたまPCのHDDを使っていると1回の停電だけでPCが故障することがあります。
HDDを使っていなければ大丈夫なことが多いですが、自分でHDDを使う、使わないといった選択はできません。よって雷が鳴ったらPCの電源を切った方が無難でしょう。

ただ、雷が近づいてくると、これだけでは安心できません。
雷が近くで鳴ったり、落雷したりしますと雷サージ(雷の影響により発生する高電圧や過電流)が発生します。この雷サージはコンセントや電話線、パソコンのネット回線などを通じて侵入してきます。
この雷サージがパソコンに流れると、過剰な負荷がかかるためパソコンが故障することがあります。
この時は電源を落としていても故障してしまいます。
つまり、日中家におらず、雷雨が発生し、雷サージが起きると、帰宅してPCを点けようとしても電源が入らないのです。
自然の事とはいえたまりませんね。

対策として
①雷が鳴り始めたらPCの電源を落とす。
②雷が近づいてきたらPCの電源やLANケーブルなどを抜く
といった方法で防ぐことができます。
ただ、雷サージは空気を伝わってくることがありますので100%防げるわけではありません。
また、ノートPCよりデスクトップ、それも大型のATX類の電源のほうがより耐久性があります。
一体型デスクトップはほぼノートPCと同類ですので、耐久性はあまりありません。

これからの時期、雷雨が増えますので、洗濯物とPCはご注意ください。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス


↑このページのトップヘ