パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

2016年03月

ここ1ヶ月ほどなぜかWindows7/8.1が強制的にWindows10へアップグレードされるという問い合わせが何件かきております。
2月上旬にMicrosoftからWindows10へのアップグレードがこれまでの「オプションの更新プログラム」から「推奨される更新プログラム」に昇格させたという情報が出されました。
このままですとWindows Updateしたつもりがそれだけで済まず、Windows 10へのアップグレード手続きが始まってしまう場合があるのでその影響かもしれません。

Microsoftは勝手に開始されることはないと言っていますが、それにしては問い合わせの件数が多いのです。
本当?と疑いたくなるレベルです。
要は更新プログラムの「KB2952664」「KB3035583」を削除しておけば今回は防げるのですが、いずれMicrosoftが新たなWindows10アップグレード用更新プログラムを用意してくるかもしれません。
私はまだ自分のメインPCは7のままで十分ですので、そうなったらまた対策しないとならなりません。
10がダメって訳ではなんですが、7が良いOSなのであえて10に移る意味がないんですよ。

それにしてもアップグレードをする気が無い人にとってはまるでスパムのような迷惑更新ですね。
ここまでして半強制的にアップグレードさせるのは異常とも思えます。
それで不具合が出てもMicrosoftは責任を負わないため、PCの持ち主が何とか直さないとなりません。
自分で何とかできない人は弊社の様な業者に頼むしかないわけで、気の毒です。

一応、Microsoftは勝手に開始されることはないと言っていますので、少しでもアップグレードの画面が出てきたら拒否しましょう。
最悪、アップグレードしても1か月以内ならば戻せます。
ただ、アップグレードしてまた戻すという作業はPCに負荷がかかります。
傷んでるPCでしたらそれだけで壊れる恐れがあります。
アップグレードする気が無い人はご注意ください。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

4月というと入学、入社、転勤。
それに備え3月は多くの方が移動の時期でもあります。

新居でやはりパソコンが無いと寂しい。
でも自分でネット設定をするのは面倒だ、できないといった方が多く、この時期は結構忙しいのです。

先日ご訪問した府中市の方。
新居でパソコンを使うべく、プロバイダーと契約。
プロバイダーから資料が届き、開通工事も整ったので自分でインターネットの設定をしようと思ったそうです。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

3日経ち、自分ではどうやっても出来ないとの事で弊社にご連絡くださいました。
翌日、お邪魔させて頂き、PCを拝見。

・・・・繋がらないな・・・
どうなってるの?これは?

お客様があちこち弄りすぎてしまい設定がずいぶん変わっています。
普通ならこれで繋がるはずですが、繋がりません。

IP固定されてるじゃん。
ネットワークが何個もできてる。
ん?ダイヤルアップが出来てる。
IPv6の方もおかしいな。
・・・・・

あちこちいじりすぎて直すのが大変です。
システムの復元をしてしまえば大抵は直るのですが、できるだけ使いたくありません。

これで繋がるでしょ、と思ってもまた何かが遮断し繋がらない。
修正、修正でかなり時間がかかってしまいました。

お客様にお願いです。
ご自身でできない、と思ったら早めにお電話を下さい。
あちこち弄りますと直すのに時間がかかります。
その分、費用を頂くことになります。
前にソフトウェアのインストールをしていて、上手くいかずレジストリを変更し、PCが起動しなくなった方がいました。
弄りすぎるとPCの寿命を縮める恐れがあるため、ご自身でされる方はある程度の知識がある方のみの方が良いと思います。
自身のない方は、何もPCを触らずにご依頼して頂けるのが時間も費用も少なくて済みます。
まぁ自分でやるのが一番安く早いのでチャレンジしてみたい気持ちもわかるのですが・・・

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

どうも、パソコンホームドクターです。
今日は府中市と青梅市のお客様宅へご訪問致しました。
距離が離れていたのでちょっと大変でした。

青梅市のお客様のPCを見させていただきますと
POST画面でDHCP・・・・と出て起動しません。
お客さんが言うには、昨日突然パソコンがフリーズして、強制終了したらこうなった。それまでは順調だった。
あまり大した事ないように話されていましたが、これは重症です。

DHCP・・・・・・・(この・・・が徐々に増えていくのですが)これは何をやっているかというと
PCを起動させるのにネットワーク上のサーバーやHDDなどからPCを起動しようと試みているのです。
もちろん通常はこうならず普通ならばOSの入っているHDDから起動します。
なぜこうなったのかと言いますと、HDDが故障してしまいPCがHDDを探せない(おそらく認識できていない)のです。
BIOSからもHDDを認識しおりません。
こりゃ、結構壊れているかな・・・と思いもう少しチェック。

HDD故障と言ってもその故障の仕方は多岐に渡るのでその症状は様々です。
BIOS上からもHDDの認識ができないのでMBR(マズターブートレコード)は故障してる可能性が高いですねぇ。
MBRの故障だけならば中のデータは生きていますので取り出せますが
MBRだけという事は稀なので、とりあえず持ち帰り修理ということでお預かりさせて頂きました。

HDDがかなり壊れていれば、あまりここでHDDをいじくり回すのは危険です。
死人に鞭を打つようなもので、無理をすると本当に死んでしまいます。
できるだけ無理をさせないようにしながら、中身を探っていくため、専用の機械にかけ尚且つ時間をかけて中身を見る必要があります。
壊れかかっているPCやHDDを見るのはいつになっても緊張しますね。
私が触っている最中にもっと壊れてしまったことも何度かあるので・・・怖いです。

ちなみに故障していたのはHDDのほんの一部だったので大事なデータ類は生きており、無事に取り出せそうです。
PCが古く直すのはお勧めしなかったので、新しいPCに移行し使えるように設定する予定です。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

先日、こんな電話がありました。

「はい、パソコンホームドクターです。」
いつも通り電話に出るとお客様が
『ここはパソコンの修理とかしてるんだよね?』
とお客様から良くある話初めの文句です。
「はい、そうです。」
ここまではいつも通り。

『修理以外に何をやっているの?』
「パソコンの販売やメンテナンス、ネットワーク構築などです。」
『他には?』
・・・ずいぶん聞いてくるなー
「えー、ホームページの作成やパソコン製作、処分などです。」
『そのくらい?』
キリが無いなぁ何だろう?何かの販売かな?

「パソコンか何かの故障ですか?」
と聞き返すと
『今はパソコンはどこにでもあるし、忙しいでしょ?』
・・・?
『HPを見ると国立市に支店もできたみたいだし』
「はぁ・・・」
何を言いいたいのかサッパリです。

『私も結構パソコンに詳しいんですよ。』
『歳はちょっといってるけどね。』
『それなりにできるんだよ。パソコンも組立できるし。』
「はぁ・・・」
『そちらで社員募集とかしていたら雇ってもらえないな、と思ってね。』
!?
何を言い出すと思えば雇ってほしいという事ですか・・・
あまりにも突然だったので、ちょっと言葉が出ませんでした。

「えーと、すいません、今、弊社では募集はしておりません。」
『そう?安くてもいいからさ、使ってほしんだけど』
「そういった予定もないのですいません。」
そう言って早々に電話を切らせてもらいました。

あまりにも急だったのでビックリしすぎてこの位しか話せませんでしたが
今思えばもっと言っておけば良かったなと思います。

大体、敬語もロクに話せない社員は要りません。
お客様の中には自分より若い方も沢山います。
それが若かろうが年上だろうが同じお客様です。
年齢に関係なく丁寧な対応をしてくれないと困ります。
町内会の寄り合いじゃないんですよ。
また、弊社は電話だけで雇用するような適当な会社でもありません。
お客様のお宅へお邪魔するのです。
万が一、失礼な態度、対応、ましてや窃盗などがあったら困るどころの騒ぎではありません。
どこの人か分からない人間を雇いませんよ。

久しぶりに変な電話がかかってきました。
これで雇ってもらえると思っているのでしょうか。
その無遠慮な態度はすごいと思うのですが・・・働きたいならばハローワークへ行ってください。

暖かい日が続いていますね。
4月~5月並の気温だそうで春らしくなったなぁと感じさせてくれます。
花粉症の方にはつらい季節だと思いますが、私はかなり軽いのであまり気にせず活動できます。

今日ご訪問したお客様は重度の花粉症だそうで
私がご訪問し、ご自宅にお邪魔したとたんに大きなクシャミを何回も出されてびっくりしました。
急いで外で体に付いている花粉を払い再度お邪魔しました。

「この時期はいつもそうなんです。特に今日は薬をのんでも効かなくて・・・」
大変そうだなぁ・・・
ただ、大変なのはこれからでした。

PCが起動しないというご依頼だったのですが
電源が壊れており、修理するにはPCが古く、ちょっともったいない感じです。

私が
「本体に電気が流れていないので・・・」
と説明しても、すぐにクシャミをしてしまい話が全然進みません。

「電源が壊れていると思うのですが・・・」
「ヘックション!!」「あー・・・」
「修理には少し費用がかかりますので・・・」
「ファァックショ!!」「はぁー・・・」
「PCも6年ほど前の物ですので・・・」
「ブフェクフォン!!」「うー・・・」

話が進みません。
私が花粉も持って失礼したのが原因ですので、申し訳ない気持ちです。
でも説明しないで終わりという訳にはいきません。
お客様は
「この時期はいつもこうだから気にしないでどうぞ。」
と優しくいってくださいましたので、遠慮なくこのまま説明しました。

結局、修理はせず、大事なデータのないとの事ですのでこれで終わりましたが
花粉症が重い方は本当に大変ですね。
自分がこうなってしまったら仕事ができません。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

今日は立川市の常連のお客様宅へご訪問しました。

常連の方ですが、お久しぶりで前にご訪問させて頂いてから1年以上経っております。
その間、ご連絡が無かったのでPCは順調だったとポジティブに受け取っております。

ご依頼は色々ありましたが、変わったものが一つ。

ネットワーク表示名が今はつなげていないルータの名前が表示されて気持ち悪いから直してほしい
とのご依頼。
今回直してほしいと言われているネットワーク表示名とはこれの事です。
ネットワーク表示名
これが今は使っていないルータの名前のまま変わらない、ほかのルータなどにつなげても変化ないのだそうです。
「富士通に電話したんだけど結局直らなくて、リカバリーしても直らないかも、と言われたから無理かもしれないけど」
とお客様から少し諦めの声。

リカバリーしても直らないって?そんなことは無いと思うけど・・・
ただ、私も今までそこの名前は変更したことがありません。
右クリック→名前の変更では上の”ローカルエリア接続”の名前は変えられますが、下のネットワーク表示名は変わらない。

「ん~少しお時間を下さい・・・」
とパソコンとにらめっこです。

どこかに変える項目があったっけ?
あちこち調べましたが無いようです。

デバイス削除、再インストールでいけるかな?
結果、ダメでした。

最後はレジストリしかないかな、これでダメだったらどうしよう。
レジストリはあまり触りたくないのですが、これ以外に考えられる場所がありません。

お客様はその間、私がお伝えしたPDFの作成とソフトのインストールを行っていますのでまだ時間はありそう。

えーと、どこだったかな。確かどこなにNetworkList一覧があったはずです。
検索し
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\Profiles
に発見。(たしかここだったと思います。)

プロファイルが沢山出来てるな。作業の前に怖いのでバックアップを取って、変更、変更。
これで出来なかったら、と考えるとプレシャーです。
再起動しネットワーク名を見てみると

「できました、名前変わってますよ!」
すいません、ちょっと嬉しかったので大きな声になってしましたが。
「できたの!?すごいねぇ!」
とそれ以上に大きな声のお客様。

出来て良かったです。
私はあまりこのネットワーク表示名まで気にしたことが無かったですが、確かに使っていないルータの名前がいつまでも残っているのは気持ち悪いですね。

「今日は久しぶりに気分が良いよ」
とやりがいになるお言葉を頂きました。

最後にコーヒーがおいしいので3杯も頂き申し訳ありませんでした。
だって、私が飲むとどんどん注いでくれるんですよ。
そりゃおいしいから飲んじゃいますよ。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

今日は杉並区のお客様宅へご訪問しました。

「買ったばかりなんだけど、起動しなくなった」
というお客様からのご依頼です。

買ったばかりで動かないって初期不良なんじゃないの?と思いながらご訪問。

PCを見させていただいて、どう見ても最近買ったとは思えない程古い型番。
「これは最近買ったのですか?」
「そう、半年くらい前かな。」
「型番を見ると4~5年ほど前の物なのですが、新品で買ったんですか?」
「いや、中古ですよ。あまり使ってないらしいから新品でも中古でも同じでしょ?」

ぜんぜん同じじゃないですよ!
中古の方が壊れるに決まってますよ。
だから安いんでしょ。
と言いたかったのですが、お客様の前なので、それを物凄く優しい言い方でお伝えしました。

中古PCがダメとは言いませんが、新品と比べて寿命は短いのは当たり前です。
だから安いんです。
それを割り切って中古を買うならばそれでいいと思います。
2~3年でどんどん買い替える、といった使い方もあるでしょう。

個人的には中古PCはお勧めできません。
理由①前の使用者がどのような環境で使っていたかわかりません。
埃だらけの部屋で荒い使い方をしていればPCの寿命は相応に短くなります。
ましてやペットを飼っていたり、喫煙者であれば尚更です。
ですが、どのように使っていたかは一見分かりません。
外観はきれいに磨きますので、分解して中を見なければ非常に分かりにくいのです。

理由②PCは大事なデータを入れることが多く、パソコンが壊れるとそれらのデータも一緒に取り出せなくなります。
PC以外の家電、たとえばテレビや洗濯機などは壊れれば買い替えれば同等品がすぐ手に入ります。
PCも買いかえれば新しい機種となりますが、当たり前ですが新しいPCの中に前のPCのデータは入っていません。
壊れたPCから何とかしてデータを取り出し、新しいPCに移動しなければなりません。
データ、特に写真や動画は1点ものですので無くすと2度と手に入りません。
データ復旧費用は場合によってはPCが何台も買えてしまうお値段になることもあります。
それら大事なものを壊れやすい中古PCに保存しておくのは危険です。

そんなわけでPCはできるだけ新品を買いましょう。
滅多に使わない、壊れても影響がほぼ無いという方は中古PCでも良いのかもしれません。

ちなみに私は2台中古PCを使っていますが、一番危険なHDDは新品に交換しています。
内部の汚れを落とし電圧をチェックし、比較的きれいなものを組み替えて使っています。
また、大事なデータは入れていません。
中古PCショップがここまでしてくれれば良いのですが、なかなかここまで良対応をしてくれるショップはないですね。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス



↑このページのトップヘ