パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

2015年11月

先日、ご訪問した青梅市のお客様。
糖尿病で目が悪くなってしまい、PCの画面の文字が小さすぎて見えないので何とかならないか、というご依頼でした。
どのくらい目が悪いのかご訪問させて頂きました。

お持ちのPCは15.4インチのノートPCでした。
15.4インチというのは一般的な大きさですが、老眼が進まれると小さくて見えない、というお客様はけっこういらっしゃいます。
ですがやはりご病気という事でかなり目はお悪い様子。
画面の文字をかなり大きくして、画面の20センチ程度まで近づけば見えるようです。

モニターを買って繋ぐことはできますが、ノートPCですのでキーボードが本体と一緒になっており使いにくい。
キーボードも別途用意すればデスクトップのように使えますので、現状ならばそのようになるとご案内しました。
それかTVとつなぐこともできますが、やはりノートでは使いにくい。

「デスクトップならば自由にできるのですが・・・」
「じゃあデスクトップパソコン買うよ」
ご決断が早くて助かります。
というわけでデスクトップPCをご用意し、さっそくHDMIでTVと接続。
ご自宅にあったTVは47インチですのでさすがに大きい。
「wordの文字が見えるよ!!」
「インターネットの文字が読めるよ!」
とお客様は大興奮です。

47インチでもかなり文字は大きくしていますが2メートルくらい離れても文字が見えるようで大変喜んでくれました。
キーボードやマウスは無線ですのでケーブルも邪魔にならず、ご希望通りにできたと思います。
この仕事をやっていてお客さんに喜んでもらうことは何よりうれしいです。

糖尿病は本当に怖いですね。
自覚症状が少なく、完治も難しいので気を付けないとと思います。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

前にこのブログでも少し話していましたが
今、私が仕事で持ち歩いているのはPanasonicのレッツノート CF-S10です。
軽さとソコソコの性能、当時はバッテリーの持ちも良くこれで値段が安ければ大満足のモデルです。
デザインはイマイチですが実用重視です。

持ち運ぶためどうしても痛みが早く、起動に時間がかかるようになってきました。
Windows8にすればいいじゃん
と思われる方もいますが、私は名OSのWindows7が大好きですので何とかしてこのまま使いたい。
だけどWin7の場合起動に時間がかかるのはやむを得ない。
じゃあ遅くなったHDDをせめてSSDにしようと思いました。
やっとSSDに変えたので記事にしたいと思います。

変えるのはSanDiskのSSDです。
理由は値段が安く、それなりのメーカーだったから。それだけです。
たまたま特価だったのも目を引きました。
本当はCFDかCrucialあたりにしようかなぁと思っていたのですが、特価品にはかないません。
容量も大事なデータを保管するわけでもないので128GBにしました。
DSCN8156

まずは裏返してバッテリーを外しましょう。
これはHDDはバッテリーを外さないと取り出せないタイプです。
DSCN8158
外したバッテリーの左にあるネジを2か所外します。
DSCN8159
外すとカバーがあるのでそれを取り外します。
DSCN8160
カバーを外すとHDDが見えますのでやさしく手で引っ張ります。
少し引き出したら接続されているSATAケーブルを外します。
写真のあたりで外さなとケーブルがちぎれてしまう恐れがあるので無理をしないで外しましょう。
DSCN8161
SATAケーブルを外したらそのまま引き出します。
途中、つっかえますが気にしないで引き出します。
DSCN8162
これで取り出しは終わりです。
後はSSDを入れるだけです。
尚、SSDの厚さは7㎜でこのHDDは9㎜で厚さが違います。
写真を撮り忘れたのですが、SSDに少しスポンジを巻きつけ厚くして取り付けました。
中でガタガタしなければ大丈夫だと思いますが、スポンジ類を巻いて同じくらいの厚さにした方が安心ですね。

あとはリカバリーしましょう。

さて起動。
CrystalDiskMarkで速度を測ろうかとは思ったのですが
リカバリーすればHDDでも早くなるのは当たり前なので、比較対象としては信用できません。
というわけで測定は止めました。
体感はSSDにして劇的に早くなりました。
ノートのHDDをSSDにしたのは初めてですがやはりかなり違いますねぇ。
HDDのころはデスクトップの画面が出てくるまで3分ほどはかかっていました。その画面が出てきても数分は待たないと安心して使えない状態でしたが、換装後、1分程度でデスクトップの画面が出てくるようになり明らかに早くなりました。
これでお客様のお宅でモタつくこともなく、スムーズにPCを起動できます。

SSDの耐久性はまだ分かりませんが、今のところ大丈夫ですかね。
大事なデータさえ入れなければ、メインドライブはSSDが良いかと思います。
ちなみに自分のデスクトップはSSDを入れて2年半ほど経ちますが、今のところ良好です。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

10月末ごろからこの頃まで
とにかくPCの故障が多いですね。
多くはHDDの故障なのですが、なぜこの時期にHDDの故障が多いのか謎です。

HDDは熱と振動に非常に弱く、夏場に壊れることが多いのですが
今年の夏は一時期暑く、すぐに秋雨がやってきて気温が下がり短い夏となりました。
そのせいかあまりPC故障のご依頼が少なかったのですが
そのしわ寄せがこの頃来ているように思えます。

ただ、HDDの故障もピンキリでして
あまり故障していないHDDですと復旧も比較的容易で費用も安くて済みます。
ボロボロのHDDですと復旧も難しくなり復旧期間も長く、費用も高くなります。

お客様が直るかなと思い、何度も再起動や、ご自身の持っている復旧ツールなどで
復旧を試すとHDDがさらに壊れ復旧費用が高くなる傾向にあります。
ご自身で復旧できれば良いのですが、できない場合は費用が高くなってしまいますので
まさに一か八かです。十分お考えの上、試されてください。

まだ修理中のPCが多く、このブログもなかなか書いている時間が無いのですが
少しは書かないと、ブログを始めた意味が無いので頑張って更新したいですね。

前回予定しましたできるだけ余計なソフトを入れず
最小限のインストールでiTunesだけ使えるようにする方法についてです。

PCに圧縮・解凍するソフトが入って入れなければまずはそれを用意してください。
すでに持っていれば次に進みます。

まずは公式からiTunesをダウンロードしましょう。
OSにより32bitと64bit版があるので注意。

ダウンロードするとこんな感じですね。
001
ダウンロードした iTunes のインストーラ(itunes6464Setup.exe)ファイルを解凍ソフトで解凍します。
解凍方法はソフトによりそれぞれですのでここでは省略します。

するとこのようなものが出来ます。
002
次にWindowsキーとRを同時におし、「ファイル名を指定して実行」を起動します。
003
AppleApplicationSupport64.msiを選択します。
004
「ファイル名を指定して実行」にドラッグ&ドロップし、末尾に /passive追加し、OKを押します。
  /passiveの/の前は半角スペースを入れてください。
005
上手くいけばApple Application Support のインストールが始まります。

次にiTunesをインストールします。
方法は同じです。
iTunes6464.msiを選択し
006
「ファイル名を指定して実行」にドラッグ&ドロップし、末尾に /passive追加し、OKを押します。
 同じく /passiveの/の前は半角スペースを入れてください。
007
これでiTunes のインストールが始まります。
上手くいったらデスクトップにアイコンができますので起動させましょう。
008
起動させると通常では出ない以下の画面が出ますので「OK」を押します。009
次にこのような画面が出ます。これも通常では出ません。
「このメッセージを再度表示しない」にチェックを入れ 「いいえ]」をクリックします。
010
最後にようこその画面が出ますね。
ライブラリの情報を Apple に送信する に同意するかしないかで「いいえ」をクリックしましょう。
011

これで最低限のインストールでiTunesを起動できます。
今回はWindows7 64bitのOSで試しましたが問題なく起動、インストールできました。
別のOSや同期する端末によってはエラーが出ることもあるかもしれません。
あくまで自己責任で設定してください。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

今日は練馬区へ
久しぶりの23区へ出張です。
パソコンがとても重いので何とかしてほしいというもの。
古いPCには良くあるので今回も古くて駄目なのかな?と思っておりましたがそうではありませんでした。

お伺いしてみるとまだPCは新しく、HDD、メモリなど部品にエラーは見られませんでした。
何かソフトがおかしいのか?
良く調べるとbonjourが非常に重く負荷をかけていました。
bonjourとはiTunesをインストールすると勝手に入ってくるソフトの1つです。
何をするソフトなのかというとiTunesのデータをネットワークで共有する時に使うものです。
ただ、私も使ったことが無く、使っている方も見たことがありません。

bonjourはPCに負荷をかけるソフトですが、最近のPCは性能が高くなっており
そこまで気にすることはなくなってきました。
今回はbonjourが壊れたようでメモリを非常に使っておりPCが重くなっていました。
削除すれば終わるのでしょうが、重くてなかなか削除できない。
普通の方法で削除できなければ手動で削除するしかないのですが・・・
しばらく待っていたら無事アンインストールでき動作が快適になりました。

しかし、iTunesをインストールすると余計なソフトが沢山入ってきます。
ちょっと前の性能が低いノートPCですとそれらがかなり負荷をかけ
PCの寿命を短くしているのでは?と思えるほどでした。
必要なものだけインストールすればよいのですが
不親切なことにiTunesをインストールしようとするとbonjourをはじめ使わないソフトもたっぷり入ってきます。
これが不具合を起こすことが多く、まったく使っていない方からすればウイルスとも思えるでしょう。
アップルももう少しユーザーのことを考えてほしいものですね。

次回はiTunesだけインストールする方法について記事にしたいと思います。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス


↑このページのトップヘ