パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市を中心にパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。
小平本店、国立支店、世田谷支店、練馬支店の4店がございます。

2015年08月

立川市の常連のお客様からSOSです。
「パソコン起動しないよ!?」

おかしいな、まだこのお客様のPCはまだ買って1年くらいのはず。
しかも弊社で販売させてもらったPC。早々に壊れたら申し訳ないです。
とりあえずご訪問。

いつもの玄関からお邪魔させていただくとお客様が
「ゴメン、電源コードが抜けちゃっていたみたい。昨日PCデスクの掃除したんだよね。」
え、それだけ?と思いましたが、今日は暇なので1時間ほど世間話をして失礼しました。

故障でなくてよかったのですが
世間話をしにご訪問しただけのようで、それで出張料を頂戴させて頂きました。
おいしいお茶とお茶菓子まで出して下さり、まるでこっちがお客さんのようなご対応。
非常に申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、お客さんはニコニコ。
こちらもニコニコ。
お互いニコニコなので良しとしましょう。

今日は小金井市のお客様のお宅へPCの新規設定にお伺いいたしました。
インターネットからメール、プリンター、データ移動など作業は比較的簡単なので安心してできます。
新品のPCなので壊れる心配がないので気持ちが楽なのです。
ただ、いろいろ作業があるので時間がかかります。
そんな時はお客様といろいろお話しすることが多いのですが、今日はお客様から
「WindowsのOSって何が一番いいの?」
と聞かれました。
良く聞かれる質問です。

歴代のWindowsOSは一般的なもので
95、98、2000、Me、XP、Vista、7、8/8.1、10
と9個あります。

「良い」と一言でいうのは簡単ですが何をもって良いとするのか
使いやすさ、安定性、販売数などいろいろあります。
あくまで私が使った感想で挙げます。
10はまだ使用期間が少ないので暫定という扱いでランキングしたいと思います。

①7 ②XP ③2000 ④10 ⑤Vista ⑥95 ⑦8/8.1 ⑧98 ⑨Me

といったところでしょうか。

①7 ②XPは僅差ですがやはり新しい7の方が安定してますね。
とにかく安定性、使いやすさ、対応ソフトの数などどれをとっても非常に優秀です。
これと③2000の差はかなりあります。

③2000もいいOSなのですが、今となってはさすがに7やXPにはかないません。
当時は2000発売の後すぐMeが出ましたが、Meがあまりにもダメなので2000を使った方も多いと思います。

⑤Vistaはaeroを使いカッコ良くなったのですがそのためかなり重くなり、Vista発売当初のスペックでは遅くてイライラしましたね。当時、Vistaを余裕で動かせるPCはかなり高価なものを買わないと満足に動きませんでした。色々な新機能を搭載しておりその点でもやや不安定さがありました。

⑥95はまだPCに詳しくない頃にさわったのでさまり覚えてないのですが、それほど使いにくい記憶はありませんでした。もちろん今となってはアレですが。

⑦8/8.1はとにかく使いにくいです。それだけです。あまりに変わりすぎました。特に8。あまりに評判が悪かったんでしょうね。8が出て1年ほどで8.1を出しましたが8.1ならば少しはマシといったところだと思います。
お客様からの評判も非常に悪いです。

⑧98 ⑨Meはとにかく不安定すぎて何度も泣いた記憶があります。
あまりPCに詳しくない頃、OSがMeのPCを買ってしまい、何度もフリーズ、BSOD(ブルースクリーン)になりいい加減に嫌になり、何とか2000に変えたことを覚えいています。
なんでこんなOS出したのか不思議なほど使えないOSでした。

ただ、Windowsの起動音は何?と言われると2000の起動音が一番しっくりきます。
次にXPか98でしょうか。

ちなみに2000の起動音です。
https://www.youtube.com/watch?v=2OIdYzAnM90
こちらはXP
https://www.youtube.com/watch?v=6iumti-rfIo

みなさんはどうでしょうか。
やはり7かXPが一番になるのでしょうか。
※ここで挙げたのはあくまで私の個人的な感想です。ご参考程度にしてください。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

今回はちゃんとしたPCの話です。

先日、故障したPCからデータ取り出しの依頼がありました。
普通のデータはHDDさえ壊れていなかれば比較的容易に取り出せますが
Windows Live メールのアドレス帳はWindows Live メールが起動しないと保存できません。
PCが壊れているので、OSは起動できません。
もちろんWindows Live メールも起動しないので、通常の方法では起動できません。
通常の方法でアドレス帳をバックアップするのならば
「アドレス帳」をクリックし、アドレス一覧が出てきたら「エクスポート」でできます。
検索すれば沢山情報が出てきますのでここでは省略します。

ここでは起動しないPCからアドレス帳取り出す方法について記載します。
当たり前ですがアドレス帳も他のデータと同じようにどこかに保存されているわけで
そのデータを取り出せば良いことになります。
ではそのデータはどこに保管されているのか。

Windows Live メール2012ならば

C\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Live\Contacts\Default\15.5\DBStore
の中にあります。

ここで注意点があります。
DBStoreは保護ファイルでありかつ隠しファイルでもあります。
保護ファイル、隠しファイルは通常では見ることができませんので見れるようにしましょう。

コントロールパネルより、「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。
アドレス帳保管場所
「デスクトップのカスタマイズ」の画面が開いたら、「フォルダーオプション」をクリックします。
アドレス帳保管場所2
「フォルダーオプション」の画面が開いたら「表示」タブをクリックします。
アドレス帳保管場所3
その中に「隠しファイル、隠しフォルダーおよび隠しドライブを表示する」
という項目があるので、それをクリックします。
アドレス帳保管場所4
クリックしたら最下部へ移動します。
最下部に「保護されたオペレーティングシステムファイルは表示しない(推奨)」という項目があります。
それにチェックが付いていると思いますが、そのチェックを外します。
外したら下にある「OK」ボタンをクリックします。
アドレス帳保管場所5

これで保護ファイル、隠しファイルが表示されるようになりました。

これでフォルダを追っていけばDBStoreが現れます。

C\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Live\Contacts\Default\15.5\DBStore

このDBStoreを取り出し、新しいPCの同じ場所に上書き保存すればすべてのアドレス帳が復活します。
アドレス帳保管場所6

ちなみにWindows Live メール2011ならばバージョンの数字が変わるだけで

C\ユーザー\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Live\Contacts\Default\15.4\DBStore

の中にあります。
ご自身でされる方は保護ファイルをいじりますので慎重にしてください。
無理やり取り出すことになりますので、すべて自己責任でお願いします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

お盆休みがあけ、今日からまたご訪問、修理の日々が始まります。

一時の暑さはなくなりましたがまだまだ残暑が厳しいこの頃です。体調を崩されていませんか?
私は休み中、実家に帰省したのですが、この時期は私の兄弟、甥っ子姪っ子も集まります。
久しぶりに見た甥っ子はどんどん大きくなり、成長の早さに驚かされます。

姪っ子はまだ1歳半くらいなのですが私が近づくと怖がります。
私は一卵性の双子なので、双子の弟と一緒に近づくと大泣きしてしまいます。
同じ顔のおじさんが近づいてくるのは怖いのでしょうかねぇ。
それとも気持ち悪いのかもしれません。
親戚のおじさんとして仲良くしたいのですがそれはまだまだ先のようです。

今まで双子として生きてきてあちこちでその弊害は感じてきました。
それも30歳もすぎるとあまり気にならなくなるのですが
久しぶりに双子であることを実感させられました。
そんなに怖がらないでよ、ちょっとお顔を拝見したいだけなんだけどなぁ・・・

今日はただの日記のようになってしまいました、
次回はパソコンの事について書きますので、今日はこれで許してください。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

いつもの事と言えばそうかもしれませんが、今回もやってきました、新しいOS、Windows10でのクラッシュ情報です。
Windows10でアップデートをすでに何回か行っている方もいると思いますが
それらのPCの一部で影響を受けたシステムがクラッシュを無限に繰り返すようです。

ご存じのとおり、Windowsは定期的にアップデートを行います。
アップデートするため様々なドライバ等をインストールしますが、今回の不具合は一定の段階まで進んだところでインストールに失敗し、その後、「更新を完了できなかったため、変更を元に戻す」とエラーが表示がされます。
ここでちゃんと元に戻れば問題ないのですがWindows10は標準的な「Home」バージョンの場合、アップデートは自動で行われ、拒否することはできなくなったため、アップデート、インストールの失敗を永遠に繰り返すことになるようです。
問題となっているのは、Windows10向けの初の累積アップデート「KB3081424」のようです。

もし、この症状にあたってしまったPCがありましたら近いうちに修正されたパッチがMicrosoftから公開されると思うのでそれまで使用できません。
修正方法としてはレジストリをいじるようですが、今のところ見たことがないので詳細は分かりません。
レジストリのバックアップがないと大変怖いのですが、ほとんどの方がバックアップなど取っていませんのでぶっつけ本番状態です。
自分のPCならばミスをしてもなんとかなるのですが、お客様のPCだとそうはいかないので
怖いような、ちょっと試してみたいような気持です。
とりあえずMicrosoftからの情報待ちですね。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

今日は同じ小平市内のお宅へお邪魔致しました。
パソコンを買い替えたのでインターネット接続設定とメールの設定のご依頼です。
ついでにプリンター設定とウイルス対策ソフトの設定もお願いされました。
自分でもできるけど面倒だから、という事で、よくあるご依頼です。

順調に作業をさせて頂いたいのですが終盤になってお客様が
「あ、お金が全然ない。昨日使っちゃったんだ。」
「すいません、下ろしてきますので少し待っていてください。」

構わないのですが、このお客様はお一人暮らしのようです。ご家族の方や同居人はいないようです。
それなのに今日初めて会った私を残して家を出ていくというのは驚きました。

時間でいえば5分程度なのですが、それでも初めて会った人間に留守番をさせるというのは
ちょっと危険すぎるのでは?と思います。
もちろん悪いことをするつもりはありませんし、名刺も渡しておりますので私の素性は分かっていらっしゃるとは思いますがそれにしてももう少し警戒してもいいのではないでしょうか。

私は初めて伺うお客様宅にはかなり気を使ってお邪魔させて頂いております。
逆に自分がお客様の立場だったら初めて会う人というのは
怖い人だったらどうしよう、変な人だったら困るな
と考えてしまうので、自分は怖くないよ~変な人ではないよ~というのを分かってもらうため
できるだけ気を付けてお話させて頂きます。
ですので今日はちょっとしたカルチャーショックでした。

何度もお会いしているお客様には遠慮なくお話しすることも多いのですが・・・
時々、もう少し自重したほうが良いかな、と反省することもあるのですが
やはり素の自分が出てしまい、ご迷惑をおかけしているのかもしれません。
でも、その方が楽なんです。
今のところ怒られた事はないのでまだ大丈夫かな?

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

毎日暑いですね。

今日は豊島区まで行ってきました。
Webカメラの設定で、お電話を下さいました。

それとは別に、先日このようなお電話がありました。
「Windows10にアップグレードしたんだけどやはり前使っていた7の方がいいから戻してもらえる?」
それは簡単です。
アップ後1ヶ月間は戻せます。
それ以降は今のところ戻せないようですが、詳細は1ヶ月経たないとわかりません。

Windowsボタンをクリックし「設定」をクリックします。
windows10 16
クリックすると「設定」画面が開きます。
右下の「更新とセキュリティ」をクリックします。
windows10 17
「更新とセキュリティ」画面が開きます。
左側の項目から「回復」をクリックすると、旧OSに戻す項目が出てきます。
画像のOSはWindows7ですが、8/8.1の場合、ここが8/8.1等になります。
「開始する」をクリックすると戻る作業が開始されます。
windows10 18
この後3回ほどいろいろ画面に出てきますが
読めば難しいことではないので画面の指示に従って進めてください。
尚、8や8.1から7にすることはできません。

今までは基本的にアップしたらダウングレードというのはできなかったのですが
Microsoftも良い方法で対処してくれました。
今までMicrosoftは旧OSやoffice等をいつまでも使い続けるユーザーには対コストがかかり、こういうことを非常に嫌っていたと思うのですが、ありがたいですね。
Microsoftの台所事情もあるのでしょうが、使う側としては安心して使えます。
OSだけでなく、ほかのソフトにもこれにならってもらいたいですね。

尚、上でも書きましたがこの方法はWindows10にアップグレード後、1ヶ月間使うことができます。それ以降はできないようです。
また旧OSに戻すためのファイルを削除してしまうとこの方法でも戻りません。
本当かどうか分かりませんがシステムのアップデート後に戻せなくなったとの話も聞きましたのでアップグレードの際は相応の準備をした方が良いと思います。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

↑このページのトップヘ