暑かった10月もやっと落ち着き、気温が急降下。
それでも晴れると陽の下では暖かく、心地良いですね。
昼夜の気温差が大きくなり、朝起きるのがすでに寒いという表現が正しくなってきました。
ただ、日中はまだまだ暖かく、激しく動けば暑いくらい。
夜になれば澄んだ夜空に月が輝き、虫の音もまだ少し聞こえる。
まさに物のあわれは秋こそまされですね。
春は春でいいものですが、やはり秋は良いですね。
ただ、子供に言ってもまだまだ分かってはくれません。
大人になったら分かるのでしょうか。
そういえば私も季節の移ろいを楽しめるようになったのはいつの頃でしょうか。
日本の四季は本当に美しいと感じるパソコンホームドクターです。

私は日々お客様のお宅にご訪問し、パソコンの修理をしております。
自社内などでの作業でなくお客様のお宅での作業になるため必然的にお客様と一緒になります。
それはお客様と近づける、人となりが分かる良い機会ですが、逆に困る事もあります。
良い事も困る事も沢山ありますが、ここでは一番困る事のうちの一つについて記事にします。

一番困る事のうちの一つ、それは
宗教勧誘
です。

私は一応、仏教徒です。
実家に帰れば祖父母の仏壇があり、お位牌がある。
定期的にお寺に参拝して、お参りをしているお墓もあります。
ただ、お寺に行くのも祖父母がいるお墓があるからで、それ以外にお寺に用はありません。
神社にも参拝しますし、クリスマスには子供にプレゼントを用意し、近年身近になってきたハロウィンについても抵抗ありません。宗教に関しては寛容です。言わばほぼ無宗教です。
こういった方は日本では多いのではないでしょうか。
私は日々の生活であまり宗教とは縁のない生活をしておりますし、それでよいと思っています。

また、私は神などはいないと思っていますし、それが一番良い考えだとも思っています。
信心深い方は神様にお祈りをし、その神に救いを求めます。
ただ世界各国を見ると、神のため、聖戦だという大義名分をかかげ争いの日々。
多くの人が死に、傷つき、住む場所を奪われ、家族と離れ離れになり、生活にも困窮する。どこが神のためなのか訳が分かりません。
そんな歴史を何百年続けてきたのでしょうか。
神がいるのであればとっくにそんな世界から救ってくれるはずです。自分のせいで人間が死んでいるのです。悲しい思いをしているのです。それに目を向けない神様など神ではありません。
そんな訳で私は神などいるわけがないと思っています。

宗教の信仰は自由です。
何を信じようが構いません。ただ私は興味が無いのです。
ただ、たま~にですが宗教の勧誘をしてくる方がいらしゃいます。
ご本人は良い事のつもりでしょう。何しろその宗教を信じているわけです。
それも私のようなほぼ無宗教に近い人が多い日本であえて別の宗教を信じている、かなりの信心深さが無ければ別の宗教を信じないはずです。
ですので相当、この教えは良いものだ、と思っているのだと思います。
だからこそあまり不愛想な態度やはっきりとしたお断りができないのです。

ですが、どれだけ勧誘されても最終的には
「興味がありません」
とお断りいたします。
いままでいろいろな宗教、聞いたこともあるものや何それ?といった怪しいものまで、お誘いがありました。

教会へ行きませんか?
 → すいません、行きません。そんな時間があるならば家で寝てます。
このお寺で良いお話が聞けますよ。
 → お客様のお宅に行けば損得なしに良いお話が聞けることが多いので、お寺に行く必要がありません。
この本を読んでくれればきっと考えが変わります。
 → 現状で困っていないので、わざわざ変える必要がありません。
もっと幸せな人生が歩めますよ!
 → そちらがあまり幸せそうな人生を歩んでいるように思えないので・・・
お布施をするという事は大変良い事でして・・・
 → お金をもらうのは好きなんですが、あげるのはあまり好きではなくて・・・

本音はこんなところなのですが、そうも言えず言葉を濁していることが多いのです。
ただ、ある一定以上踏み込んでくることがあれば、私も自分の生活があるのでそこはしっかりお断りさせていただきます。

宗教の信仰は自由です。
私はそれについて差別意識も否定的な言葉を発することも一切ありません。
ただ、勧誘はやめてほしい。
宗教の信仰は自由である以上、放っておいてもらいたいのです。