パソコンホームドクターです。
幼稚園に行くようになった下の子が、何かと病気になります。
大したことはないのですが、元気がないなーと思っていたら急に熱が出てぐったり。
幼稚園に行けば同じような子供、それも小さい子供なので衛生観念などほぼ無いようなものです。一応マスクをつけて幼稚園に行っていますが、帰ってくるときには鼻が出ている、顎まで出ている。
ひどいときはマスクが片目付近まで上がっており、眼帯のようになって帰ってくることもありました。
周りのお友達もすべてそんな感じなのでしょう。そんな環境で育っています。
そりゃ病気にもなりますよね。
特に男の子ですのでやはり体が弱いのか、何かと熱を出します。
帰ってきたときは元気だったのに、夜になると急に静かになり、疲れ切った顔をしている。熱を測ると38℃超えということがよくあります。

上の子は女の子だったからなのか、ノロウイルスになっても、ちょっと体調を崩す程度で、気が付かず幼稚園に行っていました。
翌々日には私に、その翌日には妻にノロがうつり、それでやっと分かったのですが、大人はひどい状態になりました。
ちょうど幼稚園でもノロウイルスが流行っており男の子は結構休んでいたそうですが、女の子は出席率が高くうちの子も休むことなく行っていたのは、女の子は強いなぁと思いました。

これからまだ何年かは幼稚園に通わないとなりません。
変なウイルスや病気を持ってこないよう祈るばかりです。

さて、このブログでは時々、パソコン修理の記事、ほぼHDD交換の記事が多いのですがパソコンを分解する記事を載せています。
参考になればと思い載せていますが、先日、私の掲載した記事の通りに作業をしたがパソコンが壊れた!といった連絡を頂きました。
全ての修理記事には必ず、自己責任でお願いしますと断り書きを載せていますし、この通りにやれば必ず直る、といった記事ではありません。
自分でやってみたい人が挑戦するには良いかと思いますし、私も20年以上前にこういった修理を載せているサイトや雑誌などを見ながら挑戦した人間の一人です。
わざわざ雑誌を買ったのにうまくできなかったこともありました。
当時は技術力も知識もなかったので私の方に原因があったのだと思いますが、それでもあきらめずに何度もチャレンジし、パソコンを直したり、時にはもっと壊してしまったり、そうやって詳しくなっていったものです。
今は私が多少は知識が付きました。技術力も経験も増えました。ならば当時の私のようなパソコンに興味がある若者がさらに興味を持ってもらえるよう、私の記事を見て参考にしてくれればと思い記事にしたものです。
100%直せるわけではありませんし、パソコン内部をいじるので、基板や配線に傷をつけたらそれで動かなくなることも十分あり得ます。
それを十分承知の上で、それでも自分でやってみたい!といった若者がいれば、ぜひ見てほしい。それだけの記事なのです。

今後、こういった記事は掲載を辞めるべきなのか悩んでおります。
直せなかった、壊れた、といった連絡が来た以上、あまり無責任な記事も書けません。
ただ、私が触るわけではないので私が責任を取るのもおかしい。
ならば記事にしなければ良いのかな、と思っています。
少し検討させてください。