パソコンホームドクターです。

最近、久しぶりにパソコンを作成しています。
5か月ぶりくらいです。
5か月くらいではパソコンの部品や設定、接続など作成方法はほぼ変わりません。あえてネタにすることは無いのですが、今回は珍しくファイルサーバー用のパソコンを作っております。

とある法人の会社さんで、パソコンが15台ほどあるのですが、それぞれのパソコンのデータを管理するのに1つのパソコンをネットワーク上につないで管理していたが、パソコンが重く、トラブルも多々ある、HDDもかなり危険な状態という事が分かり、ご相談を受けました。ほぼこのパソコンがファイルサーバーとしての役割を果たしていたわけですが、ファイルサーバーとして作られていないので信頼性に劣ります。
ならば別で用意したほうが良いでしょう、となりました。
NASかファイルサーバーかクラウドを使うか、このあたりが比較的手軽にできるデータ管理方法です。

クラウドはネットワークが切れたら使えなくなる、また、クラウド会社のサーバーが故障してデータが飛んだら基本的にそれで終わりです。データの保証などはありません。
ならば自分たちで管理したほうが安心できるとのお返事でした。

そうなるとNASかファイルサーバーか。
NASの方が手軽ですが、ファイルサーバーの場合は専用のパソコンを組むので信頼性でいったらファイルサーバーの方が自由度が高く、信頼性を高めることができます。また何かトラブルが起きた時も対処しやすい。
といった理由でファイルサーバーを作成しています。

ファイルサーバーと言っても基本的には普通のパソコンと同じなのですが、性能より信頼性に重きを置いて作らなければなりません。予算の関係もありますが、できるだけ安定性、耐久性の高い部品で作る必要があります。

CPUは安いもので良いでしょう。それでもCorei3にしましたが・・・Pentiumでも良かったかな。
グラボはもちろん不要。
メモリは8GBか16GBかで迷いましたが予算の都合上とりあえず、8GB。足りないようならば増やせば良い。
電源はAntecの600Wプラチナ電源。
起動ドライブはNvmeのSSDですが、速度よりTBWの高いものを選びました。TBWがどこまで信頼できるものか分かりませんが。それとヒートシンク。
ケースは小さい割にファンがたくさん付くもの。ケースファンは4個付け、回転数もソコソコ高いものにしましたのでややうるさい。まぁサーバーなど大体うるさいものなのでこれでいいでしょう。
おかげでSSDは負荷をかけても40℃を超えません。
HDDも38℃が上限です。たいへん快適な温度です。
最後に一番大事なデータを保管するHDD。
サーバー用として開発されたWDのRedProを使いました。Proとなるとさすがに値段が高い。
また、それをバックアップするためのHDDも組み込みました。
RAID1、やRAID5での構成も考えたのですが、ややこしい設定にはしないで、という理由から却下になりました。
少々のトラブルならばご自身で設定や変更をされたいとの思いからです。

バックアップ用のHDDは任意に時間になるとファイルサーバー用のHDDの中身をミラーリングコピーするよう設定し、それで代用といたします。

予算の都合はあるので、最高峰とは言えませんが、それなりに良い部品を使い、温度や振動にも配慮して作成したつもりです。これで長期間運用できると思います。
24時間、休日以外の週に6日は動かすことになると思うので、できるだけ長く、ファイルサーバーとして動いてもらえるよう頑張ってほしい所です。