我が家には小さい庭があります。
冬の間、そこに小さい花壇を作ろうとレンガとモルタルで施工を始めたのが昨年の12月。
ちっとも作業はかどらず今になっても終わりません。
冬の間に花壇を作り、2月末~3月頃には何かを植えたいなと思っていたのですがもう3月です。
忙しかったからできなかった、と言いたいところですが、木枯らしが吹く中の作業は寒く、どうしても腰が重くなります。
忙しいと言いながらも、寒さのせいでサボってしまったのは反省点です。暖かい日にやりたいな、思っても12月末~2月上旬はだいたい寒い日ばかりです。
ここにきて急ピッチで作業を進めています。
ただ、自分の仕事もあるので、仕事に影響のない日時となると、なかなか時間がとれずどうしても作業が雑に。
もう少しかっこいい花壇にしたかったなぁと思いながら作業をしています。
時間がなかったからイマイチなのか、ただ単に技術がないから下手なのか。
たぶんどちらもだと思いますが、それでも終わらないと植木が埋められない。
本業のパソコン修理では技術も時間も十分とれるよう丁寧な作業を心がけているパソコンホームドクターです。

この頃、時々ですが弊社でも中古のパソコンが売れます。
先月も小平市と立川市のお客様にそれぞれ1台販売いたしました。
中古パソコンをメインに販売しているわけではありませんが、お客様から中古のパソコンは扱っているの?と言われることが多くなりました。
今まではお客様から不要となったパソコンは直せるものは直し、データが入っているHDDを交換してからネット販売していましたが、最近はそういった需要に備えてある程度のストックは持っています。

今回、記事にしたいのは当たり前なのですが中古パソコンは中古です。
中古という事は誰かが使ったパソコンという事です。
新品のようにきれいではありませんし、傷や汚れがあるのが当たり前です。
取れる汚れはとりますが、とれない汚れもあります。傷は直せません。直すのであれば外装を変えるしかありません。外装を変えればその分高くなります。
それでは中古品の最大のメリットである安さが薄れてしまいます。
よほど良いパソコンでない限り外装の交換はいたしません。

また、パソコン内部も中古です。
前の使用者が使った年数分、寿命が短くなっています。
弊社で販売しているパソコンはほぼすべてストレージを新品に変更していますので、ストレージによる故障は新品のパソコンと同程度と考えられますが、他の部品は古いままです。
それを十分ご理解の上、ご購入いただきたいのですが、中古を買われている方はあまりその辺を意識していないというか、これでまた5、6年は大丈夫かな、と思われている方が多くて困っております。

比較的新しいパソコンの中古ならば5、6年は使えるかと思いますが、5年前に製造されたパソコンが5、6年は大丈夫とは思えません。

中古ですよ、と説明はするのですが、まぁ大丈夫でしょ、といった感じの方が多いので販売する側としては少し怖いのです。

パソコンの中古は当たり前ですが、誰かが使っていたものです。
新品のパソコンと同程度の美しさやきれいではありませんし、寿命も短いことを念頭にご購入いただきたいものです。
・・・やっぱり中古は壊れちゃうから怖いよ、と思っている方からすると当たり前の事なんですけどね。