パソコンホームドクターです。

最近、新しいパソコンを弊社で買って頂くことが多く大変ありがたいのですが
その際にたまに聞かれる事。
『ウイルス対策ソフトって必要?』
これです。

ウイルスに対して、その危険性は人によってさまざまな解釈があり
そんなもの無くても大丈夫、というか、最初から考えていない。ノーガード。
という方や
怖い怖い!しっかりガード!
と両極端なのです。

どちらが良いか、とは一概には言えませんが、通常で考えればウイルス対策ソフトは入れておくべきでしょう。
ウイルスと言っても多種多様なものがあり、PCを破壊するものやデータを消す、別のデータに置き換えるもの、最近増えている金銭の要求といった詐欺型や情報を流出させるものなど様々なタイプがあります。

並の使用でもインターネットやメールくらいはされるでしょう。
パソコン内に個人的なデータ、写真や音楽、家計簿、確定申告の書類などが入っている方は多いです。
いわゆる一般的な使い方をされている方です。
こういった方はウイルス対策ソフトは入れておくべきだと思います。
情報が流出し、自分やご家族の写真や確定申告の書類などがどこかにバラまかれたら大変不愉快ですし、メーラーに登録されているメールアドレスにウイルス付きメールをばらまくタイプのウイルスもあります。
もちろん開いたら感染します。
お友達やお仕事関係の方は、まさかウイルスメールだとは思わず開いてしまうでしょう。

自分だけではなく多くの方に迷惑が掛かります。
他の方とつながっている使い方をされている方はウイルス対策ソフトは入れておくべきです。
多くの方がほぼこれに当てはまりますが、中には少し例外的な使い方をされている方もいます。

インターネットにつないでないパソコン、あくまでwordなどの作業用。
病院の電子カルテ用PCや一部のローカルネットワークにしか接続を許されていないパソコンなどです。
病院などは法人の方のみだとは思いますが、メールもしない、インターネットもしないのであればまず安全です。あとは外部デバイス、USBメモリなどでデータを取りれるときに注意を払えばよいと思います。
万が一感染してもインターネットにつながっていなければ情報の流出や他の方への迷惑は避けられます。自分のパソコンが壊れるだけです。
あとは、ギリギリセーフなのがインターネットのみ接続しているパソコンでしょうか。
メールを使っていなければ他人への迷惑は避けられます。それでも感染して、そのパソコンを踏み台にしているウイルスもあるので誰かには少なからず迷惑はかけるのですが、直接的な被害はないでしょう。
情報流出しても困らない程度のデータしか入れておかなければ万が一、情報を取られたとしても困りません。
これ以上の使い方をされている方はウイルス対策ソフトは入れておくべきだと思います。

私の実感ですと2割~3割くらいの方は何も入れておらずノーガード。
残りの半分くらいの方が入れているけど、期限切れになって放置、という方が多く、ちゃんと更新をしている方は全体の3割~4割程度かなぁと思います。

他人に迷惑をかけないためにもウイルス対策ソフト、入れておきましょう。