パソコンホームドクターです。

数か月前の事ですが、昭島市であったことです。
何度か呼んでくださる女性の常連さんにご依頼を受け、ご訪問。
1年ぶりくらいでしょうか。インターネットがつながらなくなったというもの。
結果はウイルス対策ソフトだったのですが、原因がわかるまで少しパソコンを触らせて頂いておりました。

お客様のお宅の2階の一室で一人でカチカチ、ポチポチとパソコンを診ていますと
ウ~~~ウ~~~ カンカンカン ウ~~~ウ~~~ カンカンカン
と消防車のサイレンの音。
どこかで火事かな、と思っているとどんどん音が近くなる。
お客様宅の近くで停止したようです。
おや?近くみたいだな。と思い窓から少し外を眺めても様子に変化はありません。
まぁいいや、それよりパソコンを直さないと・・・と思いまたパソコンに目を移しました。
5分ほどして原因がわかりました。アップデートの失敗のようです。
じゃあ再度アップデートをやり直してあげればいいかな?
とりあえずウイルス対策ソフトを削除し、再度設定を行います。
アップデートも正常に終わり無事にインターネットがつながりました。
パソコンが古くなってくるとウイルス対策ソフトの誤作動も増えますね。

これでいいかな、と思い
「すいません、終わりました」
とお客様に声をかけました。
シ~~ン
お返事がありません。
聞こえなかったのかな?
「すいませ~ん、終わりました!」
さっきより大きな声を出しました。それでも
シ~~ン
あれ?おかしいな。
「すいませ~ん!!終わりました!!作業終わりました!!」
うるさいくらいの声。それでもお返事がありません。
いらっしゃらないのかな?
失礼かとは思いましたが、ゆっくりと1階へ降り、また声をだします。
「すいませ~ん」
お返事がないなぁ。
居間と思われるお部屋のドアが開いているので、お声をかけつつお部屋の中に。
誰もいません。キッチンにもいません。
奥様はどこへいったんだろう?
そう思い居間から出ようとすると玄関の扉が開きました。
男性が入ってきました。
私の事を見ると驚いた顔で
『!?・・・誰ですか・・・?』
「・・・あ、すいません、お邪魔しています。」
『どなたですか?』
再度の質問。おそらくご主人様でしょう。
どうみても私が不審者です。
私もいきなりの男性が目の前に現れ、焦り、ちゃんと自己紹介できていませんでした。
「パソコンホームドクターです。奥様にご依頼を受けパソコンの修理にご訪問しています」
『おーい!・・・妻は?いないんですか?』
「いると思ったんですが・・・いないみたいで探していたんです」
『ちょっと、あなたここにいて待っていてくださいね』
そう言い残して奥のお部屋へ入っていきます。
そりゃあ不審がられるのは当たり前です。
帰宅したら目の前に見たことのない人、しかも居間から出てきて家には誰もいないと言う。
ならどうやって入ったのか?本当なのか?と疑問もわくでしょう。
まずは私は怪しい人ではないことを伝えなければなりません。
とりあえず言われた通り、玄関前で待っています。
ご主人様が奥様を探しているみたいです。

『確かにいませんね・・・あなたが来たときはいたんでしょ?』
「もちろんです。修理が終わったので声をかけたのですが誰もいなくて探していたんです」
『どこにいったのかな・・・』

そんな話をしていると、
ガチャ
玄関が開きました。
そこには奥様が
『あ、終わりました?すいませんね』
『どこへ行っていたんだ?』
ご主人様が聞きます。
『すぐそこで火事!ほら〇〇さんのとこ、ボヤだったけど』
どうやら野次馬のようです。ただ火事を見に行っていただけのようです。
「そういえばサイレンが鳴っていましたね」
『そうなの、大したことなかったから良かったけど、びっくりしちゃった』
『ごめんなさいね、つい見に行っちゃって。終わりましたか?』
ご主人様は
『すいませんね、うちのはそそっかしくて』
そうおっしゃっていました。
その後、何事もなく失礼させていただきましたが、不審者情報が多いこの頃です。自分の家に帰宅したら見ず知らずの男が居間から出てきたら驚くでしょう。しかも家には誰もいない。
驚くでしょうし、誰だ?この人は?となるでしょう。
変な誤解もされず、無事に帰宅できよかったです。
ただ、久しぶりに焦りました。