先日久しぶりに小金井市の常連のお客様のお宅にご訪問させて頂きました。
常連と言いましても、ご自宅にご訪問させて頂くのは2年ぶりくらいなのですが
写真展などで何度かお会いしておりまして、あまり久しぶりという感じが致しません。
ただ、ゆっくりとお話できるのは2年ぶりくらいなのです。

この方には多くのお客様をご紹介して頂きまして、日ごろから大変お世話になっております。
お客様をご紹介いただけるのはほんとうにありがたいのです。
そんなご紹介いただいたお客様が、この2年間で何名か無くなってしまいショックを受けました。
昨年お会いした時は元気だったのに。
本当にそんな方ばかりで、亡くなったというのが信じられません。
私も何度もご訪問させて頂いた方ばかりでした。
お顔はもちろん、まだお声も思い出すことができます。なのでまた写真展などで普通にお会いするんじゃないかと未だに思っています。
皆さん、決してお若い方という訳ではないので仕方がないのかもしれませんが、やはりまだ信じられません。

すいません、暗い話になってしまいました。
世間ではコロナウイルスや梅雨前線による洪水、浸水被害など暗い話題ばかりです。
せめてこのブログくらいは明るい話にしましょう。
そんなわけで、少しだけお話を。

これも先日ご訪問した、青梅市のお客様です。
インターネットがつながらないといった修理案件でしたが、パソコンを修復し、無事につながりました。
作業が終わり、最後に私がよくお客様にいう言葉
「ほかに何かございますか?」
要はほかに聞きたい事や、やり残した事はございますか?
ということです。
せっかく費用を頂いて来ているので、私にできる事ならばお申し付けくださいという意味です。

『ん~それならねぇ、・・・・・そうだなぁ・・・・これ持ってくれる?』
そういわれて指し示したのが大きな椅子です。
『こっちの部屋に運んでくれるかな?』
「はい・・・」
そういって運びます。
ただの運搬です。
『次はねぇ・・この電球が点かなくなったんだけど電球が切れてるのかな?』
パチパチ
電気スイッチを入り切りしても点きません。
「どうでしょう?他の電球と変えてみましょう」
廊下の電球と変えてみます。
パチ
『おお点いた、やはり電球が切れたのか、買ってこないとだめだね』
「そうですね。これはE26型ですので間違えないでくださいね。小さいE17型もあるので」
「元に戻しておきますね」
これではただの便利屋ですね。
一生懸命答えるあたり、我ながら真面目なものです。

「ほかに何かございますか?」と聞いたときはパソコンの事で何かありますか?といった意味なのですが、全く関係ないことまでいろいろ言われたのは初めてです。
時間があり、大したことではなかったので良いのですが・・・
これが電気工事士の資格がないとダメとかならばお断りできるのですが
私でも簡単にできることなのでつい、言われるがまま作業をしてしまいました。

明日から便利屋ホームドクター アリン とでも名前を変えましょうか。