先日ご訪問した国分寺市のお客様。
パソコンが壊れデータを出してほしいというご依頼でした。
パソコンが壊れた原因はHDDの故障。それも物理故障。
カツッカツッという音がHDDからするので間違いないでしょう。
アクチュエーター本体かモータ類のどちらかもしくは両方かと思われます。
プラッタへの傷もあるかもしれません。
こうなるとデータを復旧する費用が高くなってしまいます。
10万円以上は確実です。
20万円をこえることも考えられます。
お客様にそのことを伝えると
『そんなに高いの?』
よく頂くお返事です。
『パソコン買った方が安いじゃない』
これもよく言われるお言葉です。

その通りです。20万ともなればパソコンの方が安いと思います。
ただ、データは一点ものです。
パソコンを買い替えたからと言ってデータが蘇るわけではありません。
HDDを修理しないとデータは戻りません。

何でこんなに高いのか?
これもよく聞かれることです。
パソコンが壊れた際、HDD以外の部品は壊れても新品に取り換えれば済みます。
ただ、HDDはそれができないのです。
HDD内部の部品が壊れた場合、データが保存してあるプラッタは当然取り換えることができませんがそのほかの部品、アクチュエーターや基盤、アーム類も交換ができないのです。
交換してしまうとそのHDDは新品とみなされ、入っていたデータを読んでくれないのです。
プラッタ上にはデータがあるのに、何かしらの部品を交換すると新品と判断されデータを新たな書き込むことしかできなくなります。
つまり、HDDの故障は壊れている部品を精密に直さねばならないのです。
もしくは所定の機械にかけてデータの開始と終了の位置を定めて、ゆっくりデータを吸い上げていき、止まれば修正、また再開という時間のかかる方法のどちらかです。この機械が高い。
また、どちらにしろクリーンルームで作業が必要になり、時間や技術が必要になります。
クリーンルームの維持費もかなりのものです。
だから高くなってしまう。

パソコンは壊れてもお金さえ出せば替えることができます。
ただ、データはそうもできません。もちろんお金を出せば復旧はほぼ可能ですが、弊社ではありませんが、データ復旧するだけで100万円単位で請求がくることがあるそうです。
大企業や公官庁の絶対なくなったら困るデータだけでしょうけど、復旧するだけで大変高額になります。

これを防ぐにはとにかくバックアップ。
データが壊れてからでは復旧は困難です。ただ、アックアップはパソコンを触れて少し慣れてくれば誰でもできます。費用もUSBメモリなどでよければ1000円程度です。費用も安いです。
できれば2か所、3か所と多くのバックアップを作り、故障に備えてほしいのです。
あとは手間です。バックアップというのは基本的に手動です。自分でやらないとなりません。その手間さえかけてあげればデータは半永久的に使えます。
弊社では自動でバックアップするシステムの設定もやっておりますし、そういった外付けHDD、NASなどもあるのでそれにある程度は一任してしまうのもよいかと思います。

バックアップは誰でもできる簡単な方法で、一番大事なデータの消失を防ぐことができます。
このブログでも何度も申し上げていますが、定期的にバックアップをよろしくお願いいたします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス