桜が開花したと思ったらすぐに散ってしまい、今年は咲くのも散るのも早かったですね。
晴れが続いたのでもう少し頑張ってほしかったのですが気温が高いせいか桜の木も花を終えて葉を出したかったのかもしれません。
桜が大好きですが花見が全然できないパソコンホームドクターです。

先日、ご訪問した杉並区のお客様のお話です。
とにかくよく笑い、明るい、話しやすいお客様で大変作業もしやすいお宅でした。
これだけではわざわざここで触れる記事になりません。
そのお客様はとにかく豪快でした。

体が縦横すべて大きく腕も大変太く筋骨隆々。
柔道経験のある方で今は社会人のラクビーチームで活躍されているそうです。
お部屋にも30㎏の鉄アレイと何キロかは分かりませんが極太のハンドグリップ。
そのせいか大変力があるらしく、パソコンのキーボードをたたく音も半端じゃありません。
キーボードをたたく、と言うよりは殴っている様な音がします。
また、ご本人様が言われるにはマウスは消耗品だそうで半年程度でボタンが潰るか割れるそうです。
『もっと耐久性を高くしてほしいんだけどね』
とおっしゃっていましたが、マウスメーカーもここまで力を入れた継続使用は考えていないようですね。
マウスメーカーを責めるのはちょっとかわいそうですが・・・

また『どうぞ、飲んでください』と出てきたお茶がペットボトルの2Lサイズ。
コップがなかったので、忘れたのかな?と思っていると
『あ、僕のうちは500mlのペットボトルってないんですよ、2Lが500mlの感覚で飲むんで』
『コップ使いますか?』
と聞かれました。
2Lのお茶を作業時間内にすべて空にする自信はありません。
修理よりそっちのほうがつらいでしょう。
「すいません、コップ頂けますか」
と声をかけコップをもらいました。

・・・出てきたコップはビールジョッキ。
普通の大きさ物がないようです。
ジョッキに並々とお茶を注いでくれました。
お茶を飲んで、雑談をしている間、お客様はほかの2Lのペットボトルを直飲みしていました。
減る量もかなりのものです。
これなら500mlの代わりというのも頷けます。

その他、ドアノブは壊れ、TVのリモコンやゲーム機のコントローラーのボタンは潰れています。
ちょっと規格外の力の持ち主です。
よく笑い、明るい方なので怖くはありませんが、これで笑顔が何もなかったらかなり威圧感があるでしょう。
ご本人も良くわかっているようで仕方ないとはおっしゃっていましたが、生活するのも大変なようです。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス