先日、この暑いのにどうしてもラーメン二郎のラーメンが食べたくなって行ってきました。
お昼時にもかかわらず行列ができ、店内に入ってもエアコンはあまり効いていませんでした。そんな中出てくる山盛りのラーメン。暑くて熱くて汗だくになりながら食べてきました。
やっぱりおいしい。冬は寒い分もっとおいしく感じます。
定期的にラーメン二郎のラーメンは食べたくなりますね。ご訪問させていただくお宅があるのでニンニクは入れることができないのが残念ですが、なくても十分おいしい。

はい、すいません。
このブログはラーメンブログではありませんね。パソコン関係のブログです。本筋に話を戻しましょうね。
ラーメンを食べた後、ご訪問した立川市のお客様宅でのことです。
PCが起動しないといったご相談でした。電源ユニットの不具合で起動しなくなっていたのですが、調整を行い起動するようになりました。ここまではいつも通りのお仕事でした。

失礼させていただく間際、お客様が
『外付けHDDの中に表示できない写真があるんだけど・・・?ちょっと見てくれる?どれだったかな?』
と言われて一つの外付けHDDを調べ始めました。
『・・・・・え~と・・・ないなぁ。この前見たんだけど・・・ん~・・・』
なかなか出てこないようです。
『・・・ちょっとどれだったか分からなくなっちゃったんだけど、なんで表示できないの?』
「普通なら表示できないことはないですよ。この写真は表示できるので、関連付けが出来ていない訳ではないようですし」
『でも見ることができない写真があったんだよね』
「もし、見ることができなければ外付けHDDが壊れかかっている可能性がありますよ」
「ちょっと嫌な音もしますし、買い替えてデータを移したほうがいいですよ」
「壊れてからでは復旧費用が結構掛かる場合もありますので、なるべくお早めにされたほうがいいですよ」
そのようにお伝えし、失礼いたしました。

翌日

お客様からお電話です。
『昨日、見てもらった外付けHDDが動かなくなっちゃったんだけど』
どうやら本当に壊れてしまったようです。それにしても昨日の今日とは
再度、ご訪問。

昨夜、HDDにデータを追加したようでそれ以降、認識しなくなったとの事です。
少しチェックしましたがやはり壊れてしまったようで反応がありません。
『外付けHDDってこんなに簡単に壊れちゃうものなの?』
「簡単には壊れませんが、入っていたデータが表示できなくなった時点でもう危険です。壊れる前兆です」
『そんなものなのかぁ』
ご納得はして頂いたようですが、やはり昨日の今日での故障が残念なようです。

HDDの故障の前兆はだいたい以下の通りです。
 
 データのやり取りが極端に遅くなった。
 OSが入っているHDDの場合、PCの起動が異常に遅い。
 ファイルのコピーや保存ができない、または何度か行わないとできない。
 開かないデータがある。
 フリーズする。
 よく分からないエラーが多発する。
 BSOD(ブルースクリーン)が頻発する。
 HDDがかなり熱い。
 異音がする。

といった症状があります。
こんな症状がでたら早めに、できれば速攻HDDの交換をお勧めします。
壊れてからですとどうしても復旧費用がかかってしまいます。
そうなる前に対応しましょう。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス