そろそろ梅雨入りが近いですね。
嫌な時期がやってきました。
湿気と眠気が大嫌いなパソコンホームドクターです。

みなさんはPCにどんなウイルス対策ソフトを入れているでしょうか?
ウイルスバスター
ノートン
マカフィー
ESET
カスペルスキー

無料版なら
AVG
アバスト
MSE
あたりが有名でしょうか。

日本で一番使われているのはウイルスバスターです。
どこの電気店でもほぼ取り扱っておりインターフェイスも見やすく初心者でも使いやすいのが特徴です。
次いでノートンでしょうか。
私が使っているのはメインPCではカスペルスキーです。
理由はウイルス検知率が高くファイアウォールも厳しく高性能だからです。
おそらくいま日本で市販されているウイルス対策ソフトで一番ウイルス検知率が高いのはカスペルスキーだと思います。
ただ、カスペルスキーは性能は良いのですが、操作が分かりにくい。またファイアウォールが厳しいためネットをするのに慣れている人でないと扱いが難しいと思います。
サブPCはすべてウイルスバスターです。
どうでもいいPCには無料のアバストを入れています。

先日、小金井市のお客様のPCがウイルス感染しておりました。
削除のご依頼があり、作業をしていたのですがお客様が
『ウイルス対策ソフトを入れていたんだけどねぇ、感染ってしちゃうものなの?』
もっともなご相談ですね。
お金を出してもウイルスを駆除してくれないならば意味がありません。
ただ、残念ながらウイルス対策ソフトも万能ではありません。
誤認もありますし、検知できない事もあります。
高性能なカスペルスキーでさえ99.2~99.6%程度の検知率と言われています。
単純計算するとウイルスが1000個入ってこようとしたた数個は感染してしまうという事です。

誤認と言えば昔、とあるウイルス対策セキュリティソフトがWindowsアップデートによりwindowsのシステムプログラムをウイルスと誤認して駆除してしまい、PCが立ち上がらなくなるという恐ろしい誤認をしたことがありました。
ウイルス対策ソフトがウイルスのような事をしているというとんでもないソフトです。どっちがウイルスなんだか分かりません。

そんな訳でウイルス対策ソフトを過信して絶対ウイルスにかかからないと思いこむことは危険です。
どんな時でも感染する可能性があることを頭の片隅に置いておいてください。

お客様の中には5人に1人くらいの割合でウイルス対策ソフトを使っていない方もいます。
運が良ければPCが壊れるまで感染するようなこともなく終えることができますが、実は対策を施していないPCはほぼ100%ウイルスに感染しています。ですが、感染したウイルスの影響がほぼないため感染したことに気が付かないのです。
影響はほぼないとはいえ、感染しているのは気分が良い物ではありません。
感染していてもまったく気にならない、ウイルスに感染しても大事なデータも無く、他人とメール等のデータのやり取りもしておらず、壊れても困らないといった方はウイルス対策ソフトを使わないのもアリだと思います。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス