4月の上旬は毎年ながら引っ越しやパソコンご購入に伴う設定、修理が増えどうしても忙しくなります。
今年もその例にもれず上旬は何かとご依頼が多く忙しい日々を過ごしておりました。
特に今年は11日のVistaサポート終了に伴いそういったお電話が多く尚更と言ったところでしょうか。

先日も府中市の常連のお客様からお電話がありました。
『Vista使っているんだけどこれはもう使えないの?』
「使えますが、マイクロソフトからのセキュリティ更新プログラムの提供が終了してしまうため、システムに脆弱性が見つかった場合は危険な状態になる可能性があります。」
『・・・よく分からないけど、使えるには使えるんだね?』
「使えるには使えます。」
分かりにくい言い方で申し訳ありません。
ただ、内容をより簡素化し、分かりやすくしたうえで重要な事を伝えようとするとどうしても分かりにくい表現になってしまうのです。

正直言いますと、Vistaであろうがすでにサポートの切れたXPや2000といったOSであろうが脆弱性が見つからなければ問題なく使えます。
ただ、今までのOSを見ていますと必ず脆弱性は見つかっていますのでこの先ずっと見つからないということはほぼあり得ないと思います。
また、脆弱性が見つかったとしてもウイルス等の侵入が無ければ問題ありません。
ですが、万が一その脆弱性を狙ったウイルスが侵入しようとした場合、ウイルスに感染してしまいます。
PCの用途はインターネットを見るだけ。大事なデータも入っていない。誰ともメールでのやり取りや、データの受け渡しはしていない、と言った方ならばウイルスに感染しても誰にも迷惑はかけませんので壊れてもいいやという感じで割り切って使うのもいいかと思います。
お勧めはしませんが、そういった使い方もあると思います。

また、よく聞かれるのがウイルスバスター等のウイルス対策ソフトが入っているから大丈夫じゃないの?といったお問い合わせです。
ウイルス対策ソフトはどんなものでもWindowsのアップデートが行われていることが前提で作られています。Windowsアップデートの中にはセキュリティ更新プログラムがありますので、サポートが切れたOSではいくらウイルス対策ソフトを使っても効果が薄くウイルスの侵入を防ぐことはできません。

壊れていないPCをサポート終了といった理由だけで手放すのはもったいないという方も多くいますが
大事なデータや友人知人に迷惑をかけないためにも早めに買い替えをお勧めいたします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス