先日、あきる野市のお客様宅へご訪問させて頂きました。
ノートPCをご自身でSSDに換装して数日で起動しなくなったらしいのです。

お預かりして調べてみますとレジストリ、MBRがグチャグチャです。
何でこんなに壊れているの?
と言いたくなるくらい、新品のSSDとは思えないほどの状態でした。
結果、ご必要なデータを出し、完了となったのですが
取り出したデータをお届けに再訪問させて頂いた時の事です。

お客様との話しがはずみ、ペットの事、家族の事、田舎の事などPCとは全く関係ない話ばかりしておりまして2時間程度もお邪魔させて頂きました。
その2時間の中でわずかにあったPCの話です。

「SSDってどこのメーカーがいいの?」
と言うお客様からのご質問。

SSDのメーカーは沢山あるので、どこが良いのか迷われたのかもしれませんね。
SSDはHDDより構造がシンプルで技術力が低いメーカーでも参入しやすい分野です。
その分、たくさんのメーカーが製造しており、消費者としては選択肢が増えすぎて分かりにくいのが現状です。

大きく分けて現状ではSSDは以下の3つのタイプが存在します。
①SLC(Single-Level-Cell)
②MLC(Multi-Level-Cell)
③TLC(Triple Level Cell)
それぞれ特徴があるのですが、簡単にいいますと
①SLCが一番高価ですが耐久性があります。
③TLCが一番安価ですが耐久性は低いです。
②MLCがSLCとTLCの中間、といったレベルです。

①SLCはかなり高価です。240GB程度のものでも100,000円以上しますので一般向けではあまり買われる方はいないでしょう。
今の主流は②MLCですが、最近③TLCが増えてきましたね。
②MLCならば240GB程度のもので10,000円以下で十分買えますのでお勧めです。
データ保管用としてのSSDならば③TLCでも良いかと思います。
ちなみに私が使っているSSDおよび弊社で作成したPCはすべて②MLCのタイプです。

次はメーカーですね。
これはあくまでも個人的な感想です。
このメーカーが絶対壊れないと言うものではありません。機械ですから壊れることもありますし、当たり外れもあります。
あくまでも参考程度でお願いします。

一昔前のSSDはとにかくインテル製のものが良かったです。
少し昔のサイト情報だとインテルを勧めている所が多いと思います。
今はダメではないですが他メーカーが追い付いてきた、追い越したといった具合です。

今のおすすめメーカーは
CFD、トランセンド
あたりでしょうか。
2番手で
インテル、クルーシャル
が良いかと思います。

CFDは読込速度がとても速くとにかく安定しています。SATA3の限界速度を出すこともあり、計測間違えたのかと思う程早いです。さすが東芝製NANDです。ちょっと割高ですがその価値は十分です。
トランセンドは特化した所はないのですが、やはり安定性がありますね。使っていて不安定な挙動や動作がありません。価格はCFDより安いことが多いのでお勧めできます。

ちなみに私のメインPCはCFDとトランセンドですが、サブPCにはトランセンド、サンディスク、クルーシャル、キングストン、サムスン、コルセア、シリコンパワーをそれぞれ1台ずつ使っています、もしくは使っていました。

あまりお勧めできないメーカーは
サンディスク、サムスン、シリコンパワー、ADATAあたりです。

サムスン、シリコンパワーは両方とも壊れた経験があります。
シリコンパワーに至っては別のSSDで中のデータまで大きく破損し、取り出しが大変難儀したこともあります。
USBメモリでも破損したことがあり、安定性がありません。

サムスンはHDDでもイマイチでしたね。
当たり外れが多いようで、ちょっとギャンブル的なメーカーです。
ちなみに今回のあきる野市のお客様のSSDもサムスンです。
HDDもサムスン製は壊れたことが2度あり、10年以上前に早々に見切りをつけて買っていませんでした。SSDならばどうかな?と思い買いましたが、1年少々で壊れました。
ただ、サムスンはちょっと安いのでつい購入候補に考えてしまうのでしょうね。

サンディスクはコイル鳴きが生じ、使っていて耳障りです。現在も使えていますが、読み書き速度ともにあまり早くありません。安かったので仕方がないのかもしれませんが・・・
ADATAは良い噂をあまり聞きません。ただ、私は扱ったことがありませんので分からないところが本当のところです。

以上はあくまでも私個人の感想です。
参考程度でお願いします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス