NECのGV258M/FL PC-GV258MFALの分解についてです。

少し古いPCです。
HDD、DVDドライブ、CPUを交換します。
まずは裏側のネジ11か所を外します。
DSCN7595_R
外したら左下のあたりからヘラを差し込みます。
別にここでなくても良いのですが、見たところここが一番開きやすい感じがしました。
結構固いので無理をしないようにしてください。
DSCN7596_R
少し開いたらヘラを差し込み他の傷かつかないものを入れて閉じないようにします。
ヘラを周囲に回すと他の部分も外れてきます。

裏パネルを外すと中身が見えます。
ちょっとテンションが上がりますね!
DSCN7600_R
まずはDVDドライブを外します。
ネジ3か所を外します。
SATAケーブルも取り外してください。
ネジを外すと本体も外れますので難しくはありません。
DSCN7602_R
次にHDDを外しましょう。
ネジ3か所を外します。
また、右側のSATAケーブルも取り外します。
これもネジを外すと本体が外れますが周りに他のケーブル類がありますのでひっかけ無いように注意しましょう。
DSCN7599_R
最後にCPUを外します。
まずは赤丸のネジ4か所を外します。
外すとCPUからヒートシンクが取り外せます。
PCが新しい場合はヒートシンクとCPUの間にあるグリスが生きており、くっついて外れにくい場合がありますがネジさえ外せばあとは力任せで何とかなります。
DSCN7603_R
ヒートシンクの下にはCPUが見えますね。
デスクトップPCとして売られているのにノートPCのCPUってどうなの?と
前から納得できないのですがそれはまたいつか記事にしたいと思います。
マイナスドライバーでCPU右側にあるロックを外します。
DSCN7612_R
ドライバーを左回転させます。
DSCN7613_R
DSCN7614_R
180度回すとロックが外れCPUが取り出せます。
取る時は素手で構いませんが、裏面は触らないようにしましょう。
裏面のピンを曲げると修正が大変です。
場合によってはCPUが壊れます。
また、静電気は大敵ですので体の静電気を他の物を触るなどして流してからにしましょう。
不安な方は手袋などをお勧めします。
DSCN7615_R
外し方しか書いていませんが
取り付け方はこの逆です。
写真にとるまでもないので割愛します。
分解時は古いPCほどホコリが溜まっており周辺が汚れますのでご注意ください。

また、分解は自己責任でお願いします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス