パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市でパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。

秋めいてきましたね。
近所の小学校では運動会の練習をしているようで、リレーから玉入れ、放送委員会らしい児童の放送の練習が聞こえてきます。
秋が好きな私にとって待ち焦がれていた季節がやってきました。
特に初秋より晩秋が大好きですのでまだまだ楽しみです。
ただ、晩秋だからといってキノコ狩りやもみじ狩りに出かけるといったイベントは計画していないのです。だれか誘ってください。
秋好きなスタッフがこのブログを書いているパソコンホームドクターです。

今日は国立市と武蔵野市のお客様のお宅へご訪問させていただきました。
両方のお客様から聞かれたことです。
『パソコンって寿命どれくらいなの?』
お客様の宅へ行くとよく聞かれることです。

質問
パソコンの寿命ってどれくらい?

答え
使い方、使用頻度、パソコンの種類(ノート、デスクトップ等)、使用場所の環境によりかなり変わります。

①使い方
使い方は荒く使えばそれなにに痛みます。
荒くというのは乱暴といった意味も含まれています。
キーボードを強くたたいたり、電源が入っている場合はもちろん、入っていなくても机や床に荒く置いたりといった乱暴につかえば寿命は短くなります。これは誰でもわかることだと思います。
ですが、これが結構人にって癖が出るのです。
電源が入っているのに平気で机からから動かして床や別の机にドンと移動させる人を見るとヒヤヒヤします。
あと、パソコンは電源を入れて起動しているときが一番、負荷がかかっています。
デスクトップの画面が出てきたらすぐにインターネットやメール等をクリックし、操作を始めてしまう人がいますがこれも結構パソコンの寿命を縮めているのです。
数回程度なら問題ないのですが、起動のたびに毎回行っていたら徐々にHDDに負荷がかかり、起動はますます遅くなり、待っていられないほど遅くなり、いずれ立ち上がらないといった不具合につながる可能性があります。
この時はパソコンが落ち着くまで何も操作をしないで下さい。
パソコンによりますが電源を入れて最低でも5分、できれば10分は放っておきましょう。
10分もたてば多くのパソコンは落ち着いてきます。それから操作をするようにしましょう。
逆に10分経ってもまだ起動中のデータ類を読み込んでいるパソコンはすでに劣化がかなり進行していると思います。
あとはむやみに起動、シャットダウンを繰り返さないことです。
先ほども書きましたが、パソコンは起動する時が一番負荷がかかっています。
その負荷がかかる状態をできるだけ少なくしたほうが良いのです。
たまにパソコンの事を考えてこまめにシャットダウンをしている方がいますが、次にパソコンを動かすときは必ず電源を入れて立ち上げるわけですので、かえって寿命を短くしてしまうことがあります。
1、2時間程度の離席ならばシャットダウンではなくスリープを使うようにしてください。
私などは明日の朝も必ずパソコンを使うときは夜寝る時もスリープにしてパソコンを閉じてしまうこともあります。
シャットダウンもたまにはしないと良くないのですが、スリープをうまく使ってパソコンにあまり負荷をかけないようにしましょう。

②使用頻度
使用頻度は簡単ですね。
パソコンは使えば使うほど寿命は短くなります。当たり前といえば当たり前です。
1週間に1回、1時間ほどしか使わない場合は10年以上経ってもまだ動くパソコンもあります。
さすがに動作は重くて快調には動きませんが、いまだにOSがXPのパソコンも稀に見かけます。
毎日、それも朝から夜まで使っている場合、かつ不特定多数の人が使う場合は3年ほどでダメになってしまうこともあります。
もって5年ほどでしょう。
ただ、使用時間をみると3年ほどで壊れても10000時間を余裕で越えていたりと結構使っていたりするのです。
1週間に1,2回しか使わない方のパソコンの使用時間は2000時間程度しか使っていないこともあります。
逆にあまりに使わない、1年ぶりに起動した、とかですとそれも良くありません。
たまにはパソコンに電気を流してあげてください。
1年ぶりのスイッチオンとかですと電源が入らない、途中で止まるといった不具合が発生することがあります。

残りのパソコンの種類と使用場所の環境はまた次回、記事にしたいと思います。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

パソコンホームドクターです。

今日はNECのLL750DS1CCのHDDの取り出し方を記事にします。
LL750DS1CCはヨドバシカメラオリジナルのモデルです。同じ種類の機種としてLL750/DSがあります。

まずは裏返しにしてバッテリーを外した後、赤丸のネジを外します。
バッテリーを外した写真を撮り忘れてしまいましたの下の画像はバッテリーがついたままですが外してから行いましょう。
DSCN9562

カバーを外すとすぐにHDDが見えます。
DSCN9563

次に赤丸のネジを外します。
DSCN9564

ネジを外した後、ネジの左側に丸くなっているビニールを引っ張り出します。
DSCN9565

そのビニールをつまんで左側に引っ張ってください。
思い切り引っ張るとSATAコネクタが壊れる恐れがあるので様子を見ながら引っ張ります。
DSCN9566

うまく引っ張るとこのようにSATA端子から外せます。
DSCN9567

外した画像です。
DSCN9568

簡単ですね。
ビニールさえ気を付けて引っ張れば難しくないですね。

いつも通り分解は自己責任でお願いします。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

パソコンホームドクターです。
ここに書く冒頭のあいさつ文のパターンも少なくなってきて何を書こうか迷っています。
ほぼ天気の話が多いのですが同じような内容ばかりで苦慮しています。
今日はこんなものでいいですかね?

前回の続きです。
修理の時間についてです。
修理の時間が早いと喜ばれる方が多いのですが前にこんな方がいらっしゃいました。

とあるお客様のお宅で修理の作業をさせていただき、そのお宅も10分ほどで終わってしまいました。
作業が終わり修理費用を頂戴する時です。
『10分程度で終わった作業なのにこんなにお金がかかるの?』
と言われてしまいました。
その前におおよその費用はお伝えしており、その範囲内だったので決して驚かれるような金額ではなかったと思うのですが、残念です。

『前に来た業者は同じような不具合で1時間30分くらいかかっていたよ?』
『それでそちらより少し高いくらいの値段だったのに、そちらは10分で終わって同程度のお金がかかるの?』
とも言われてしまいました。
前に来た業者さんと今回が同じ不具合なのかわかりませんが
仮に同じだったとして、早く、10分で終われば残りの時間も有効に使えていいと思うのですが、どうやらそうでもないようです。
10分で終わってしまったので今回の修理はかなり簡単だったと思われてしまったようです。
それでもお伝えした料金の範囲内だったのでお支払い下さいましたが、最後までご不満をおっしゃっていました。

私は今までできるだけ早く終わらせればお客様のお宅に私がお邪魔させていただく時間が少なくなり、お客様にとって時間を有効に使えるので良いことだと思っていたのですが、早すぎるのも問題なようです。

私が前務めていた会社は作業費用が30分おきに発生する時間制でした。
時間制の費用以外に修理が終われば修理完了費用がかかりましたので結構高い金額になっていたのですが
時間制というのはお客様にとって大変不公平だと思うのです。

まず、お客様は修理担当のスタッフを選べません。また、お客様はご訪問したスタッフがどの程度スキルがあるのかわかりません。配属されたばかりの新人がご訪問させていただく場合もあります。
新人ですと慣れていないのでどうしても時間がかかる場合が多いのです。
時間制ですのでお客様はその分費用を支払うことになります。
これは大変不公平だと思うのです。
本来ならば新人で時間がかかってしまったならばその分費用を安くするべきだと思います。
ですが、お客様は作業に時間がかかっているのはスキルがないからなのか、難しいからなのかわかりません。
まるでお客様を騙しているみたいで当時からお客様に申し訳なかったのです。

その名残りで弊社を立ち上げた後も、どうしても作業を早く終わらせたいと思って作業しておりました。
もちろん弊社は時間制で費用をいただいておりませんので、費用の面ではお客様が不利になることはありません。
こんな事があってから一概に作業を早くするだけではお客様をご満足させることはできないなぁと思い、時間だけではなく他のことにも配慮するようになりました。

いろいろなお客様がいらっしゃいますのですべてのお客様から100点をもらうのは難しいですが、なるべく多くのお客様がご満足いただける様頑張っています。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

↑このページのトップヘ