パソコンホームドクター アリンのブログ

東京都小平市でパソコンの修理、設定、データ復旧を行っているパソコンホームドクターアリンと申します。パソコンの修理やHDDのデータ復旧、取り出しなど気が付いたことを書いていきたいと思います。
主にパソコン修理やネットワーク設定、プリンターなどの周辺機器設定をさせて頂いております。低価格で壊れたパソコンや外付けHDDからデータを復旧させる格安データ復旧サービスも行っております。

パソコンホームドクターです。
12月ですね。弊社は11月中頃からクリスマス頃までが1年で一番ご依頼が多い時期です。
年賀状の準備などのトラブルもありますが、ご依頼は多岐にわたります。年賀状だけで多くなるのは説明できません。なぜなんでしょうかね?
ご依頼が多いのは大変良い事なのですが、中野区、北区、目黒区といつもはあまりないエリアからもご依頼がありました。中野や北区、目黒まではなんとか行けますが、さすがに江戸川区のお客様はお断りさせて頂きました。申し訳ありません。
閑散期ならば多少遠くてもご訪問できますが、江戸川区ですと1日がつぶれてしい他のお客様のお宅へ行く時間が無くなってしまいます。ごめんなさい。

そんな中、先日ご訪問させて頂いた府中市のお客様のお宅での事です。
購入して2年半くらいでパソコンの動作が遅くどうにもならないといったご相談。
ウイルスでも入ったのかな?と思いましたが、単純にパソコンの性能が低いだけでした。
CPUの載せ替えはできないタイプのパソコンです。ならば最低限SSDに変えれば少しは良くなるでしょう。しかし、このパソコンはおそらくかなりお安いお値段で買われたはず。せっかく安い値段で買っているのにSSDに乗せ換え、数万円かかるならばいっそのこと新しいパソコンを買ったほうがいいでしょう。

お客様も同じお考えで、それならパソコンを買ってよ、とご依頼頂きました。
「ご予算はおいくらくらいですか?」
『4万円くらいで・・・』
「4万円ですか・・・」
『難しいですか?できれば5万円以内で・・・』
「あるにはありますが、性能が低くなってしまうので・・・」
性能など何でもいい、と言うのであれば3万円を切るパソコンも売っています。
2万円台ということはかなり安いです。格安です。ですが性能もそれなりです。

パソコンは使っているうちにWindowsのUpdateファイルやインストールしたプログラム、ダウンロードデータなど様々なもので容量が増えていきます。レジストリ情報も増えていきます。パソコンを使えば使うほどそれらのファイルやプログラムを動かすため、CPUやメモリを使用し、使用率も徐々に上がっていきます。HDDが起動時に読み込まなければならないデータもどんどん増えていきます。

買ったばかりのころは2万円台のパソコンは怪しいですが、4万円程度のパソコンでも動くでしょう。やや緩慢だとは思いますがそれほど支障はないと思います。
それが、1年、2年と使っているうちに、徐々に使用率が上がり、動作が遅くなってきます。
3年もすれば遅くてイライラすることも多々あるでしょう。
そんな訳であまり安いパソコンはお勧めできないのですが・・・その事をお客様にもお伝えしましたが、あまり使わないからといった理由で4万円台のパソコンを探すことになりました。

そうはいっても最低限、ストレージがeMMCではあっという間に容量が一杯になってしまう。eMMCでも最低限128GBは欲しいところです。できれば256GB以上。
お客様ができればモニターの画面は大きい物が良いと言われたので、15インチタイプのもので検索。
・・・あちこち探しましたが、この条件で4万円台の物は見つかりませんでした。
eMMCで128GB以上と言うのがネックです。だけどSSDではもっと高くなる。
eMMCよりかはちょっと高くなりますが、容量も増えるのでオーソドックスなHDDで探します。
HDDですと500GBかつ15インチのモデルで4万円を切るものがちらほら。この中から探すしかありません。
・・・しかしCPUがショボい。
こんなCPUではあっという間に重くて動かなくなってしまうのでは?と思うほど低性能のCPUばかりです。
こんなのじゃ、せっかく買ってもすぐにダメになっちゃうし、お客さんに申し訳ないなぁ・・・

その後もかなり探しました。
寝る間も惜しんで、とは言いませんが結構時間を費やして探しました。
結果、キャンセル品となったパソコンが1台だけ売っていたのでそれを購入しました。
段ボール箱がちょっと汚れており、送り状を剥がした後があるものですが中身は新品です。
買えば6万円はします。これが4万円後半。これしかない。
段ボールなどどうせ使いません。パソコンが新品ならば問題ありません。

何でもいいから安いパソコン、といったご依頼を頂くことがありますが、せめて6万円程度はご用意ください。それでないと2、3年でまた買い替えることになります。
2、3年で買い替えをご検討いただくのであれば構いません。実際、ダメになったらどんどん買い替えるお客様もいらっしゃいます。ただ、買い替えると設定やインストールしたアプリなどもすべて変わってくるので大変手間がかかります。
そこそこの性能以上のパソコンならば比較的長持ちします。
2年でダメになることはまずないでしょう。
購入時少しお金がかかりますが、良い物を買われて長く使われたほうがよろしいかと思います。
補足ですが、10万円後半の高価格帯になってきますとそれほど寿命に大差はありません。これ以上のパソコンですとそれなりに良い部品が載っているので通常の使い方ではフルパワーでパソコンを動かす事が滅多にありません。滅多に100%の力を発揮しないから負荷がかからず壊れることが少ないというわけです。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

晩秋も終わりに近づき、いよいよ初冬がやってきました。
晴れた日の昼下がり、公園のベンチで落ち葉と弱々しい日の光を浴びながらの日向ぼっこが最高です。
春もいいのですが、春は日差しが強すぎます。
午後の1時なのに、もう夕方のような微弱なぬくもりがほのかに暖かく心地よいのです。
今年の季節はゆっくりと進んでいますが、それでも着実に寒くなってきていますね。
パソコンホームドクターです。

先日、立川市のお客様のお宅へご訪問させて頂きました。
メールが繋がらないというご相談です。
よくあるご依頼です。よくある事なので経験から1時間くらいで終わるかな?などと深く考えずにご訪問させて頂きました。ここまでは。
ご訪問し、パソコンを見させていただくと
お、遅い・・・とても動作が遅いです。
インターネットを開くだけでも3分くらいかかります。壊れているのか?と思いうくらい遅いです。
outlookで設定してほしいとおっしゃっていましたが、outlookが立ち上がらない。
クリックしても一瞬マウスポインタがぐるぐるして読み込む動作をしますが、すぐに止まってしまいます。
あれ?と思い再度クリック。
同じ動作です。
動いているのか分からないのでタスクマネージャーを出そうとしますが、それも出てこない。
仕方ないのでしばらく放置です。
『遅くてすいませんね、なんせ安かったパソコンなんで』
「おいくらくらいで買われたんですか?」
『officeがついて無かったけどついて4万円くらい』
「確かに安いですね」
『officeが無かったから別で買ったら結局プラス3万円ちかくはかかったけどね。officeって高いんだね~』
「ofiiceソフトは別で買うと結構高いんですよ。セット販売で買ってしまうのが一番いいですね」
そんなことを話していたらやっとoutlookが立ち上がりました。
ここから設定です。
・・・アカウントを追加しようとしても次の画面が出てこない。
・・・お?出てきたかな?と思ったら先ほど開こうとしたタスクマネージャーが今頃になって出てきました。
CPU、メモリ、HDDともに使用率が100%近いです。
どれか1つだけ100%というのはあるのですが、全部が100%というのは珍しい。
メモリは2GBしかありません。今時メモリが2GBというパソコンは久しぶりに見ました。
これではOSが起動しただけでメモリをほぼ食われてしまいます。まともに動くはずもありません。
お客様にも説明しました。
幸いにもお客様がご理解のある方で私の話を興味をもって聞いてくださったので助かりました。
それでもこのパソコンを毎日使っており、動くうちはこのパソコンを使いたいとの事でしたのでこのパソコンでメールの設定をいたしました。

ご依頼内容にあったメールが繋がらない、というのはパソコンが遅すぎてメール設定ができないということらしく、時間をかけて設定を行っていけば繋がるようになりました。
ただ、普通ならば10分~20分程度で終わる作業が2時間30分もかかりました。
しかもほぼ待ち時間。動かないパソコンとにらめっこです。
こういったことはよくあるので慣れてはいますが、それもでメール設定だけで2時間30分はちょっと辛いです。

設定が終わり動作を見て頂きましたがoutlookが起動するだけで5分くらいかかります。
それからメールを読み込み、完了するまでさらに2、3分。
メールを確認するだけで7、8分かかります。
せっかちな私ではとても耐えられません。
お客様は大変おおらかな方のようです。
こんなに時間がかかっていいのかな?ちゃんと繋がっているのか?と私が不安になりましたがお客様はよろこんで下さったのでこれで良いようです。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

パソコンホームドクターです。
今年は木枯らしが吹きませんねぇ
もう12月になってしまうというのにどうしたんでしょう?
童謡のたき火の3番に
「木枯らし 木枯らし 寒い道 たき火だ たき火だ おちばたき あたろうか あたろうよ 相談しながら歩いてく」
とありますが、この歌がふさわしい時期になりつつあるというのに、木枯らしが吹かないようでは雰囲気がでませんね。
明日、29日に木枯らしとなるかも?と気象情報では言っていましたがはたしてどうでしょうか?

最近はたき火自体も滅多に見られなくなりました。
落ち葉や枯れ枝を燃やすたき火は大好きです。私が子供のころは田舎だったということもあるのでしょうが、勝手に枯れ草や枝を拾ってきてはたき火をして、焼き芋を作ったものです。
あの煙の匂いが懐かしく、大好きな匂いの一つでした。
今の子供はあまりそういった体験が少なく、日本の風習が失われていくようで少し残念です。
そう思うということは私も年をとってきたということでしょうか。

ブログの本題に戻りましょう。
先日、国立市のお客さまのもとにご訪問させていただいた時の事です。
動作が遅くなり、いろいろ重く、見てほしいというご依頼です。
『このパソコンはまだ使える?』
お客様からよく言われる一言です。
「まだ使えますよ。捨てちゃもったいないです」
購入して4年程度のパソコンです。HDDにエラーが出ているとはいえ、いいパソコンですので直せばまだまだつかえます。
『今のパソコンとどのくらいの性能差があるのかな』
お客様から難しい相談です。
『当時は高かったんだよ20万円くらいしたの。まだ十分使えるかな?』
お客様のパソコンはCPUがCore-i7‐4790 HDD3TB メモリ16GB
当時、トップクラスのCPUです。20万円するのも納得です。
その性能についてですが、パソコンの性能は一概に言えませんが、主にCPUがパソコンの性能を大きく左右します。CPUがショボいとパソコンも多くの処理、高速処理ができません。CPUが高性能だと処理が早く、スムーズに作業ができます。

あくまでもCPUの性能のみを比較した場合です。
当時、トップレベルだった4790でも今ならばCore-i5の下位からCore-i3の上位程度の性能だと思います。
現在は4790の後継CPUとしてはCore-i7-9700Kあたりだと思いますが、性能差は2倍とは言いませんが、1,7~1,8倍くらいの差はあると思います。
コア数も8コアが出ましたし、その上位機種であるCore-i9シリーズも昨年でました。i9はまだまだ一般的ではありませんが、もう少し安くなってくれば一般販売のパソコンにも多く載ってくると思います。
ただ、4,5年たてばCore-i3程度の性能になってしまうというのも残念ですね。

私がメインで使っているパソコンのCPUはCore-i7-4790Kです。
当時、動作周波数が定格4GHzを超えパソコンオタク内で話題になったCPUです。
4GHzですよ!これはすごい!と当時は騒いで、私もそれに煽られて買ってしまった一人です。
それも今やCore-i5の中位程度の性能しかないでしょう。
すべての技術は日進月歩ですから、仕方のないことですけどこう考えると少し残念です。
ただ、当時、Core-i3程度のCPUを使っている方は、今ならばCeleronくらいの性能しかなく、動作が緩慢になっているころかもしれません。
そう考えるとやはりそこそこ良いCPUを搭載したパソコンを買うのはパソコンが長持ちし、いいことなのか、とも思います。

お客様にもそのことをお伝えしました。
『まぁそのくらいの性能になっちゃうよね~』
『でもそのくらいならばまだ使えるってことだよね』
前向きなお客様です。
「手を入れればまだまだ使えますよ。大事になさってください」

今回はHDDが動作遅延の原因だったため、思い切ってSSDに変え、リカバリーを行い大きくリニューアル致しました。
これでまだまだ使えると思います。
この頃、SSDも安くなってきてかなり実用的になってきました。
この話はまたいつかしたいと思います。

パソコンホームドクターのアリンのHP
格安データ復旧サービス

↑このページのトップヘ